熊田曜子の仰天発言 密会報じた文春で「グラビアやらせてもらう」

印刷

   グラビアアイドルの熊田曜子さん(25)が、お笑いタレントの島田紳助さん(51)との「密会」を報じた「週刊文春」の誌面で、近く「グラビアをやらせてもらう」と仰天発言した。2007年8月12日放映された日本テレビ系のバラエティー番組「行列のできる法律相談所」のゲストとして突然明かしたものだ。司会の紳助さんは、「お前バーター(文春との取引)してんやね」と苦笑い。もっとも、熊田さんはそれを否定、真相はやぶの中だ。

熊田、紳助ともに、文春記事は「誤報」と主張

「行列のできる法律相談所」の番組内で、文春のグラビアに載ることを明かす熊田曜子さん
「行列のできる法律相談所」の番組内で、文春のグラビアに載ることを明かす熊田曜子さん

   週刊文春の07年6月28日号「紳助と『沖縄の女』」では、紳助さんとの密会を隠さない熊田さんのあけっぴろげな描写が衝撃的だった。それによると、07年4月中旬、熊田さんは写真集の撮影のため、沖縄県名護市の「カヌチャベイホテル&ヴィラズ」を訪れ、施設内の「パームタワーズ」棟の一室で休憩を取っていた。そこに撮影準備が整ったことをスタッフが伝えに行った。

   そこで、なぜか熊田さんは、隠そうとのそぶりさえみせず、扉を開けてスタッフを迎え入れる。そして、「スタッフは驚きのあまり、言葉を飲んだ。部屋の奥に一人の男性の姿があったからだ」。文春は、この男性はどう見ても紳助さん本人だった、とのスタッフの証言を報じている。

   しかし、熊田さん、紳助さんともに、その後のテレビ番組などで、沖縄での「密会」を全面否定している。すると、2人は文春の記事は「誤報」と主張していることになる。ところが、熊田さんは、近く、その文春にあっけらかんとグラビアで登場するというのだ。
   それも、「行列のできる法律相談所」での熊田さんのコメントが振るっている。

「本当にいい週刊誌で…」

   「誤報」されたところから、「グラビアというおいしい仕事をもらっちゃった」のだから、紳助さんではないが、うがった見方が出てくるのはおかしくはない。
   熊田さんのグラビア掲載の話があるかどうかも含めて、J-CASTでは07年8月13日、文春に取材を申し入れようとした。しかし、文藝春秋本社、週刊文春編集部ともお盆休みのようで、連絡が取れなかった。

密会情報は「本人が流した?」という勘ぐりも

   「行列のできる法律相談所」では、熊田さんの「グラビアゲット」の報告に、ゲストから驚きの声が上がった。あるゲストは「(紳助さんとの密会情報は)自分が流したんじゃないの?」と勘ぐったほどだ。熊田さんは、紳助さんのバーター説も含めて、「違う、違う」と必死に反論した。

   芸能ニュースを発信しているインターネットサイト「Stevieの注目!ニュース芸能Factory」では、あるスポーツ紙記者の興味深い見方を紹介している。

「おもしろいもので、過去に熊田のスキャンダルが報じられると、決まってその後に写真集やCDリリースがあるんです。アンジャッシュ渡部のときも、ナイナイ岡村のときもそうでした。そして今回も7月に写真集発売。そもそも報道の内容自体が写真集絡み。いやぁ偶然っておもしろいものですね」

   熊田さんの写真集は、07年7月に音楽専科社から「Cover Girl」のタイトルで発売されている。
   J-CASTニュースが、これが「偶然」なのかどうかも含め、熊田さんの事務所アーティストハウス・ピラミッドに聞きたいと思い電話すると、「マネージャーは夏休みに入っています。今週いっぱいは休んでいます」という答えだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中