オーマイニュース女性記者 「挑発して痴漢騒ぎ、いただけない」

印刷

   ニュースサイト「オーマイニュース」の女性市民記者が2007年8月14日、「肌も露わ、挑発して痴漢騒ぎは、いただけない」と副題をつけた記事を掲載し、2ちゃんねるで賛否両論が巻き起こっている。07年6月には、同様な内容も盛り込んだ記事を2ヶ月前に配信したライブドアPJニュースの男性市民記者に対し、同じライブドアの「独女通信」の女性市民記者がかみつく騒ぎも起きている。今度は、同性の立場から、女性に厳しい内容の記事になった。

2ちゃんねるでは賛否両論

オーマイニュースの女性市民記者が「肌も露わ、挑発して痴漢騒ぎは、いただけない」と書いた記事の一部
オーマイニュースの女性市民記者が「肌も露わ、挑発して痴漢騒ぎは、いただけない」と書いた記事の一部

   議論になっているのは、オーマイニュースが掲載した、主題が「真夏の女性たちの姿にドキドキ?」という記事。書いた女性市民記者は、まず、06年6月にイタリア・ボローニャを訪れ、「ファッショナブルな方々」に接した話題から入った。

   添えられた記者撮影の写真にある年配の男女は、肌はほとんど露出していないが、この記者は、「色使いといい、バランスといい、絶妙で個性的なスタイルをかもしだしている」と振り返っている。そのうえで、「若い女性のファッションにはいつも驚かされる」として、記者が8月1日に都内で撮影した10歳代ぐらいとみられる少女の写真を紹介。この少女はかなり短いスカートをはいており、それを受けたとみられる「スカートの丈が、ビミョーな長さで気になる。変な人にいたずらされなければいいが…」との文が書かれている。

   こんな記事を書いた理由として、記者は「満員電車の中での、一部の若い女性たちが肌も露わな『チョー挑発的』ファッションをしていることだ」と述べ、次のように言い切った。

「一方では、電車内で、痴漢されたと大騒ぎする娘たちもいる。
普通の男性であれば、肌むき出し、胸の谷間を強調し、短いスカート、こんな服装の若い女性を見れば、なんらかの感情は、起きると察する。暑さと目のやり場に苦しむサラリーマンたちに同情する。
ともかく同性でも、あまりの大胆さにドキドキするくらいなのだから!」

   副題の「肌も露わ、挑発して痴漢騒ぎは、いただけない」を見て、この内容を読むと、様々な解釈ができるため、ネットで波紋が広がった。2ちゃんねるでは、いくつかスレッドが立ち、「はだかで立っていたとしても、触ったら犯罪」「ミニスカ、ホットパンツ、見せブラは犯罪です」「女がアピールしてるんだよ」などと議論が噴出しているのだ。

「おせっかいな心配をするのは年代の差か?」

   若い女性の挑発的なファッションについては、ネット上では、確かに同性の立場からの苦言もあった。元日本テレビのアナウンサー、藪本雅子さん(39)が06年5月、後輩男性アナの盗撮事件について、自らのブログで、「ミニスカートをはいている子達は、パンツを見られない努力をしなさい!」「基本的には男っていうのは、女の子のパンツが見たい」と展開。このブログは「盗撮された女性にも非があるといわんばかりだ」などとコメントが殺到して炎上する騒ぎとなった。

   とはいえ、藪本さんの発言は、どちらかといえば、かつての同僚を擁護してのものだった。これまで、ネット上では、「挑発的ファッションだからといって痴漢していいわけではない」などとする女性たちの意見が主流、と報じられていた。PJニュースの男性市民記者が07年4月に、挑発的な女性たちを指して、「本物の痴漢世界を許容している」と批判した後は、「独女通信がPJ記者に物申す」(6月18日)を書いた女性市民記者は多くの女性を味方につけた。「独女通信」担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、次のように話したからだ。

「(ライブドア社内などで)女性全般が不快に思ったところからはじまりました。(中略)女性を代表したニュースサイトとして『一言言っておきたい』という気持ちがありました」

   オーマイニュースの女性市民記者は、このような女性たちとは違った見方をしているが、もっとも、記事の中で「ついついおせっかいな心配をするのは年代の差か?」と打ち明けている。「痴漢への同情、許容」というより、同性の「挑発的ファッション」を戒めているだけなのかもしれない。

   オーマイニュースの広報担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、「この記事が犯罪を許容しているとは、まったく考えていない。市民記者の記事には、真実を追求するものばかりでなく、身近なことを題材に意見表明するものも載せている」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中