アトラス、骨折事故受け腕相撲ゲーム機回収

印刷

アトラスは2007年8月21日、ゲームセンターなどに設置されている同社のアーケードゲーム機「腕魂」の全150台を自主回収し、原因を究明すると発表した。「腕魂」は腕相撲を楽しむアーケードゲーム機で、07年7月26日から発売されていたが、これまでにプレイ中に骨折する事故が3件起きている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中