日本板硝子の子会社がインドに新工場

印刷

日本板硝子は2007年8月21日、06年に買収して子会社化した英ガラス大手のピルキントンが、インド東部のビシャカパトナム市に自動車用ガラス工場を建設すると発表した。フロントガラスを年約50万枚生産できる規模で、08年夏に操業開始の予定。日本板硝子グループのインド進出は初めてだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中