「愛人」「賭けゴルフ」スキャンダル さくらパパ 議員の資格あるのか 

印刷

   「さくらパパ」こと横峯良郎議員の「愛人」「賭けゴルフ」が週刊誌に報じられた。横峯氏は、報道を否定するどころか、週刊誌発売前に早くも「申し訳ありませんでした」と「降参」宣言。議員としてふさわしい人物なのか、資質はあるのか。こんな声が出てきているにもかかわらず、横峯氏を参院選に担ぎ出した当の民主党は「沈黙」したまま、というお粗末さだ。

愛人の生活費まで税金で賄おうと目論んだ?

横峯議員のスキャンダルが早くも週刊誌に報じられた(写真は6月の出馬会見)
横峯議員のスキャンダルが早くも週刊誌に報じられた(写真は6月の出馬会見)
「投票用紙に『横峯良郎』と書いた21万人の有権者は、愛人の生活費まで税金で賄おうと目論んだ男を、ものの見事に当選させたのだ」

   こう報じたのは、2007年8月22日に発売された「週刊新潮」(2007年8月30日号)だ。同誌によれば、横峯氏には07年1月まで交際していた「半ば同棲状態」の「東京妻」がおり、この女性に対して、国会議員になれば秘書の給与を国が出してくれるとして、秘書になることを持ちかけていたというのである。

   さらに、この愛人の証言によれば、1打1万円の「賭けゴルフ」で、愛人やその他素人相手にも容赦せずに金を巻き上げたという。

   ほかにも、横峯氏は女性にテキーラを一気飲みさせて酩酊状態にさせるのが「大好き」で、彼の取り巻きが女性の下着姿を写真に撮ったり、油性マジックで落書きしたりすることもあったという「生々しい」記述まである。同誌は「行動パターンは、準強姦罪に問われた(大学の)輪姦サークル、スーパーフリーと同レベル」と評しているが、この愛人との「男女の修羅場」では、横峯氏は愛人の携帯電話を真っ二つに叩き折り、台所の包丁を壁につきたて、愛人の首を絞めたこともあったのだというのである。

   気になるのはこうした証言の真偽のほどだが、横峯氏は同誌の取材に対しこれらの事実を認めているようなのだ。

「賭けゴルフは確かにやっていました」

「去年の秋、彼女に恋愛感情があり、1度ならずエッチした事も事実です。全て、僕の不徳の致すところで反省しています」
「賭けゴルフは確かにやっていました。悪いことだとはわかって、やっていましたが、議員になってからはやっていませんし、もう、2度とやりません。けれど、額はそんなに大きくないです」

   横峯氏は参院選出馬前には、マスコミに「(参院選に)でるわけないよ」などと民主党からの打診や出馬の可能性を完全否定した「大ウソ」を披露してきた「前科」もあるが、今度ばかりはあっさりと事実を認めているようなのだ。実際、横峯氏の事務所は「週刊新潮」発売前日に次のようなコメントを発表している。

「週刊誌に報じられた過去の軽率な行動については、反省するところもあり、家族からも叱責を受けました。今後は投票していただいた方の期待をしっかりと胸に刻み、襟を正していく所存です。お騒がせして申し訳ありませんでした」

   しかし、報道が本当なら、愛人に国費をつぎ込もうとする人物が議員にふさわしいのか。賭けゴルフなどの法令違反を犯した男を「叱責」するのが「家族」だけで済む話ではないだろう。しかし、民主党に今後の対応についてJ-CASTニュースが聞くと、あきれたことに「まだどういったことも・・・」と曖昧模糊な返答しか返ってこない。どうやら、党本部からはこのスキャンダルへの対応についての指示が報道担当者にも何一つ下されていないらしいのだ。

   前原誠司前民主党代表が07年8月22日に外国特派員協会で行った会見でも、横峯氏の「スキャンダル」について党執行部の責任について問われると、前原前代表は「すいません・・・ちょっとどういう問題なのかつまびらかに分かっておりませんので」としどろもどろ。さらに内容について知っているのか聞かれると、「何か問題があったんですか?」と逆に質問し、記者から横峯氏の「賭けゴルフ」の説明まで受ける有様だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中