入職率と離職率がともに低下 06年雇用動向調査

印刷

厚生労働省は2007年8月22日、06年の雇用動向調査を発表した。それによると、06年中に就職した人数を全労働者数(06年1月1日現在)で割った「入職率」は16.0%で、05年より1.4ポイント減った。退職や解雇者数を全労働者数で割った「離職率」も1.3ポイント減の16.2%だった。また、入職者のうちの転職による就職者では、離職から再就職までの期間が短くなっており、転職状況が好転していることがうかがえる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中