いすゞと日野、排ガス処理技術で提携

印刷

いすゞ自動車日野自動車は2007年8月28日、ディーゼルエンジンの排出ガスを浄化するシステムを共同開発することで合意したと発表した。開発するのは、エンジン本体で浄化仕切れなかった排出ガスを排気直前に処理する「排出ガス後処理システム」と呼ばれるもの。各国での排出ガス規制が強化されているが、増大する環境関連の開発費のコストを共同開発で抑える。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中