宇治の老舗茶舗と共同開発で緑茶飲料 JT

印刷
JTは辻利一本店と共同開発した緑茶飲料「辻利」を発売する
JTは辻利一本店と共同開発した緑茶飲料「辻利」を発売する

日本たばこ産業(JT)は2007年8月30日、京都府宇治市の老舗茶舗・辻利一本店と共同開発した緑茶飲料「辻利」を9月3日に発売すると発表した。厳選した国産茶葉を使用し、品のある深い味わいながらスッキリとした後味に仕上げたとしている。20~30歳代の働く女性がターゲットという。2000年から緑茶飲料市場に参入したJTはブランドの確立に苦戦していたが、本格感などを打ち出してイメージ向上につなげたいとしている。希望小売価格は500mlペットボトルで140円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中