入浴剤「バスクリン カラダプラス」 ツムラライフサイエンス

印刷

ツムラライフサイエンスは9月10日から、薬用入浴剤の新製品「バスクリン カラダ プラス」を発売する。
家族の健康に気を配る30~40代の母親層の購買を念頭に、「自然派成分でカラダにプラスなお湯になる新提案型健康入浴剤」を商品コンセプトに販売促進を図る。天然ホットミネラル(乾燥硫酸ナトリウム)など有効成分により、疲労回復、肩のこり、腰痛、冷え性、神経症、リウマチ、痔、荒れ性、あせも、しっしん、にきび、しもやけ、あかぎれ、うちみ、くじきに効果・効能があるという。ビタミンCとアミノ酸の配合で、お風呂の水道水に含まれる塩素から肌を守るほか、ビタミンB2,ビタミンE,オーガニックホホバオイルの効果で、湯上り後の肌を乾燥から守る。
湯色は、ビタミンB2の自然色で残り湯も洗濯に使用可能。新開発のスプラッシュエア香法で「弾ける生の香り」を実現したという。価格はオープン価格。

自然派成分の健康入浴剤 ツムラから新発売
自然派成分の健康入浴剤 ツムラから新発売
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中