野村證券、「駅ナカ」などに情報提供ブースを開設へ

印刷

野村證券は2007年秋に鉄道駅構内(駅ナカ)やショッピングセンター内に情報提供ブースを開設する。来訪者はタッチパネルを操作して、投資に関する情報やセミナーの案内などを入手できる。同社は7月から仮想空間のセカンドライフに「NOMURA CUBE」を開設しており、新たに設置する情報提供ブースは「NOMURA CUBEのリアル版」(グループ広報)という。常駐スタッフを1名以上配置し、店のつくりや赤、白、グレーのデザインも「NOMURA CUBE」を模す。広報担当者は「当社はふだんから敷居が高いと感じられている方が少なくないようなので、情報発信基地として投資の初心者や株式に接点のない方にも知ってもらい、投資の知識を学んでほしい」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中