宿題代行、算数ドリル2万円 金でカタつけるバカ親

印刷

   宿題が終わらない。どうにかしたい、というのは昔からよくある話。しかし、小中学生の児童・生徒がなんとかしようとする前に、親のほうがインターネットを介して代行業者に宿題をするよう依頼する例が増えているのだという。文部科学省は「家での学習の習慣をつけるというのが宿題の趣旨だ」と宿題代行を問題視しているようだが、代行業者は代行業者で、金で何とかしようとする親には困惑している。そこから、透けて見えるのは「バカ親」の姿だった。

親が子供を教育できなくなったから?

   次の日に小中学校の始業式を控える2007年9月2日、産経新聞フジテレビ系番組「新報道プレミアA」などが、相次いで宿題代行について報じた。インターネット上で宿題の代行を行う業者に、夏休みの宿題をメールなどで駆け込みで依頼するという「現象」に、批判の声が上がっているというもの。「プレミアA」では、

「少しでも自分がやったほうがいいですよね」
「お金で解決することじゃないんじゃないかな」

といった小学生の子を持つ親の声が紹介されている。

   実際にJ-CASTニュースが宿題代行を行っている業者に取材してみると、そこから見えるのは、小中学生の親のどうしようもない姿だった。

   大阪のある宿題代行業者は個人でサイトを運営し、副業として、メールなどの依頼を受ける。業者によれば、原稿用紙3枚程度の読書感想文が2万円。算数の問題が1問500円。算数ドリル1式が2万円という相場らしい。需要や人気の理由については、子供が勉強しなくなった、あるいは親が子供を教育できなくなったから、といった様々な理由があるという。ただし、この業者は「別に楽をして宿題をやってもらおうということではない」「金儲けのためではない」と説明する。

「結構家庭のご事情があるという人は多いんです。ただ、8月のはじめに『夏休みの宿題』をやってくれと言うのは変なのでお断りしています。夏休みの終わり、たとえば2日前に宿題があと1個だけできなくてというような宿題には対応している」

   なかには小中学生の児童生徒本人からの依頼もあるようだが、一番多いのは「はじめからお金で何とかしようとする親」からの夏休みの宿題の依頼だという。

「あんた商売なんだから何とかしろ」

「お金でなんとかしようとする場合は自分で何とかしてくださいと言っている。それでも、あんた商売なんだから何とかしろ、っていうのはよく言われます。そのほとんどは親です」

   この業者は、大学生のレポートや卒業論文の代行も行っている。自分でやるべきものを「丸投げ」してもらってお金をもらっていること自体が批判されるべきなのかもしれないが、あくまでも「そのまま提出しても何とかなるのかもしれないが、参考として提供している」と業者側は説明している。

   文科省初等中等教育局はJ-CASTニュースの取材に対し、

「宿題は家庭での勉強の習慣を身につけるという趣旨。社会常識的に考えて、感想文を『丸投げ』というのは問題ではないのか」

と、宿題代行サービスについて述べている。

   ただ、一方でネットや教育問題に詳しいジャーナリストは、

「昔は、親に協力してもらったり、自由工作を親がほとんどやってしまったりすることはよくあったのでは。親子の関係が希薄になって、親の代わりにネットに頼らざるを得なくなってきたということではないのか」

と指摘している。前出の業者も述べていたことだが、金を払ってまで「夏休みの宿題」をなんとしたいと思っているのは、多くは親。夏休み最終日に、家族総出で子供の夏休みの宿題を手伝ってあげる。そんな姿が減ってきているというのが背景にあるのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中