「環境に悪いからSUVやめるべき」 元上院議員発言に「オチ」が付く

印刷

   今度の米大統領選の民主党指名候補を争うジョン・エドワーズ元上院議員が、環境問題に配慮して「米国民はSUV車(多目的スポーツ車)をやめるべき」「米国民は地球上最悪の汚染者」などと発言したことが米国で話題になっている。しかも、「犠牲」を呼びかけたエドワーズ氏自身がなんとSUV車を2台も所有していたという「オチ」までついていた。

欧米で、SUV車排除の運動が展開される

   2007年8月30日までのFOXニュースなどによると、エドワーズ氏、フロリダ州の技術者組合のフォーラムのなかで、「米国民は犠牲をいとわなかった」とした上で、

「我々は今、地球上で最悪の汚染者(polluter)だ。米国民は世界の4%しか人口がいないのに、温室効果ガスの25%を排出している」

などと述べ、「米国民は変わらなくてはならない」と主張した。

   さらに、「米国民はSUV車をやめるべき」「米国民はもっと燃費のいい車に乗るべきだ」などと、SUV車による環境への悪影響を指摘し、排出ガス規制に積極的に取り組む姿勢を強調した。米国の報道では、エドワーズ氏の発言を「エコドライブ」にかけて、「ホワイトハウスの『エゴ・ドライブ』を批判した」などと表現するものもあるが、米国ではSUV車が人気を呼んでいるのと相まって、メディアを中心に大きな話題を呼んでいるようだ。

   最近では、SUV車は「環境に悪い」などとして欧米で、環境団体がSUV車を排除する運動を展開したこともあり、環境問題への関心が高まるなかでSUV車への風当たりも強くなりそうな気配もある。

米国よりも日本のSUV車はまだクリーン

   将来、大統領になるかもしれない同氏のこうした発言について、日本の自動車業界はどう受け止めているのだろうか。日本自動車工業会J-CASTニュースの取材に対し、

「日本の場合、燃費の改善や排ガスの改善が進んでおり、『SUVイコール環境に良くない』とは一概に言えない。確かにコンパクトカーなどの乗用車にくらべればそういったところもあるかもしれないが、あくまで比較の問題。環境対策については格段に良くなってきている」

と述べる。仮に米国が排ガス規制に乗り出す場合の日本企業の影響については、「どこの国も排ガスの規制はあるし、それをクリアしなければ売れないようになっている」として輸出などの影響はそれほど考えられないとしているが、

「日本車は燃費や排ガスを順々に改善してきた。それからさらに同じ割合で規制となると困る。今まで努力してきた分を考慮したうえで、規制値を考えてもらいたい」

といっている。もっとも、米国では排気量6,000cc以上クラスのSUV車も多く、日本のSUV車に比べると排気量だけでも相当の差がある。「日本のSUV車は環境の面で少なくとも負けてはいない」と同会が指摘するように、米国よりも日本のSUV車はまだクリーンな方だ。

   エドワーズ発言にはとっておきの「オチ」もある。
   SUV車に乗るのをやめる「犠牲」を呼びかけたエドワーズ氏だが、実は同氏もSUV車を所有しているのである。2007年8月30日のFOXニュースによれば、エドワーズ氏は「ハイブリッド フォードEscape」、「2004クライスラー Pacifica midsize」の2台を所有しているようだ。同氏側はハイブリッドではない「2004クライスラー Pacifica midsize」については「今は昔ほど乗ってない」と主張しているらしいが・・・。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中