相手は金メダリスト「吉田秀彦」? 「ヌルヌル秋山」謝罪文で復帰懇願

印刷

   全身にクリームを塗り格闘技の試合に出たため無期限出場停止処分になっている「ヌルヌル秋山」こと秋山成勲選手の復帰が、2007年9月17日に決まりかけている。同日の大会「HERO'S」を主催するFEGの谷川貞治代表は「一刻も早く試合に出したい」とコメントし、秋山選手の謝罪文を公開した。しかも、秋山選手の対戦相手と噂される1人が、バルセロナオリンピック柔道金メダリストの吉田秀彦選手だというのだ。

「HERO'Sの舞台で新たに出発するチャンスを頂きたい」

ウェブサイトに秋山選手の謝罪文が公開された
ウェブサイトに秋山選手の謝罪文が公開された

   秋山選手の復帰に向けて、バタバタと動いている。07年9月3日に格闘技イベントの「K-1」や「HERO'S」を主催するFEGの谷川代表が記者会見し、秋山選手自筆の謝罪文を公表。「HERO'Sの舞台でお詫びと反省を表し、そして新たに出発するチャンスを頂きたい」などの文章を読み上げた。

   谷川代表は記者に対し、復帰させるかどうかは「微妙」としながら、「私個人としては一刻も早く出したいという気持ちです」「できる限りチャンスを与えたい」などと語った。

   謝罪文と記者会見の模様は07年9月4日に「HERO'S」の公式ホームページに掲載された。07年9月4日付けの「日刊スポーツ」は、「スポンサー、テレビ局、実行委員など主催者サイドに、明確に復帰に反対する声はない」などと書いている。

   「ヌルヌル事件」が起きたのは06年大晦日「K-1 Dynamite!!」での桜庭戦だが、8ヶ月以上経った今頃、なぜ謝罪文なのか。FEGはJ-CASTニュースの取材に対し、谷川代表に謝罪文が届いたのは1週間ほど前だったと打ち明ける。そして、きっかけになったのは、07年7月20日に公表した「目安箱」の結果なのではないか、という。

   これは、07年7月16日に行われた「HERO'S」の会場に、「9・17HERO'Sで秋山成勲を復帰させるべきか?」などのアンケートを実施。結果は「復帰させるべき」が353票で、「まだ復帰させるべきではない」の273票を上回った。「HERO'S」は年4回開催されるが、07年は9月が最終。秋山選手は再度謝罪することによって出場の許しを得ようとしたと考えられる。謝罪文には「出場できるか否かの決定や選択は、主催者様始め、ファンの皆様の判断によるものです」という一文があり、FEGはこれを公表することで、格闘技ファンの反応を見たかったようだ。

秋山VS吉田「見たいですか?」

   さて、復帰させるかどうかだが、FEGは、

「目安箱の結果や、既に『みそぎ』は済んでいる、ということで復帰させようとの意見も出ている。しかし、ネットでは未だに強い反発も見受けられ、ファンあってのものだから、秋山のことは慎重に進めなければならない」

と話している。
   一方、復帰となれば対戦相手は誰か、と気になるところ。07年9月3日の記者会見では、記者から突然、

「対戦相手は吉田秀彦ではないでしょうね?」

という質問が出た。吉田選手は「HERO'S」とライバル関係にある「PRIDE」に出場しているのだが、「PRIDE」は、未だに大会開催の目処が立っておらず、吉田選手は8ヶ月も試合から遠ざかっている。07年9月2日付けの「日刊スポーツ」は、「吉田突然の『FA宣言』PRIDE離脱か」という見出しを掲げ、プロのファイターとして戦わないと意味がない、という吉田選手のコメントと、「K-1系のHERO'S参戦の可能性も指摘」と関係者の話を書いた。

   FEGはJ-CASTニュースに対し、秋山選手と吉田選手の対戦の質問について、

「あまりにもうまく情報が重なったことで、記者からそんな質問が出たんだと思います」

と答えた。対戦する可能性はあるのか。FEGは、

「見たいですか?」

と言ったものの、否定も肯定もしなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中