芸能界タブーに挑戦 デヴィ夫人ネットで大人気

印刷

   「笑っていいとも」の2007年9月4日放送で、ゲスト出演したデヴィ夫人が、「SMAP」リーダーの中居正広さんを指し「だって、中居君は倖田來未って恋人がいて…」と発言したものだから、スタジオが騒然となった。ジャニーズ事務所のタレントの交際をテレビ番組で触れるのはタブー視されていて、それを打ち破ったとし、ネットでは、「デヴィ夫人は勇者だ!」「デヴィ、最高だ!!」など賞賛するカキコミがたくさん出ている。

「なんだ!デヴィ夫人って!?スゲーよ!スゲーよ!」

デヴィ夫人は、化粧品もプロデュースしている(公式ウェブサイトより)
デヴィ夫人は、化粧品もプロデュースしている(公式ウェブサイトより)

   問題のシーンは「女の品定め」のコーナー。「笑っていいとも」火曜日の男性レギュラー5人を品定めし、ゲストの女性が、恋人にしたい男性を1人だけ選ぶという内容だ。登場したデヴィ夫人は、恋人は「おりこうさん」がいいとし、5人それぞれの「豆知識」を披露するように言った。

   デヴィ夫人は最初から中居さんに厳しい。「なんか中居さん、頭、カラッポみたいよ」とか、中居さんがコーヒー豆の豆知識を話すと、「なんか、作り話みたい」。さらに、「SMAP」の結成当初、稲垣吾郎さんはメンバーではなかった、ということを話すと、「こんなのチシキ~?」。そして、最終的に恋人に選んだのがお笑いタレントの山口智充さん。中居さんは最下位の「問題外」にランクされた。

   そして、なぜ最下位にしたのかと問われると、

「だって、中居君は倖田來未って恋人がいて・・・」

とトンデモ発言。会場は騒然となり突然、お笑いコンビ「品川庄司」の庄司さんがステージ中央に飛び出してきて、

「なんだ!デヴィ夫人って!?スゲーよ!スゲーよ!」

と絶叫。司会のタモリさんなど他の出演者は、半笑いで固まっている、といった状態だった。中居さんはテレ笑いのようなものを浮かべ、何かを振り払うかのように自分の顔の横で右手を動かした。そしてすぐにCMに入ったのだが、中居さんはその直前に、

「ありえないから~!!!」

と叫んだ。

   この模様は「ユーチューブ」や「ニコニコ動画」などに投稿されたが、テレビで、または動画で見た人達の評価は、デヴィ夫人に対し、かなり好意的なものが多いのだ。

ジャニーズの恋愛報道について発言することはタブー?

   「2ちゃんねる」にもスレッドが立ち、「ジャニーズの恋愛報道について番組内で発言することはタブー」なのに、デヴィ夫人は果敢にもタブーに立ち向かったとして、

「すげーデヴィ夫人。何も言えないこんな世の中ポイズン超えた…。うちの会社来てバカ職制ドモにも言ってくれ」
「デヴィいいねぇ こいつは生番組に向いてるよ」
「なんか最近デヴィ姐さんが好きになってきた」
「そう、デヴィには心がある」

など賞賛のカキコミが多く出た。中には、

「夫人は未だに空気読めないからな 強すぎw」

など、キャラなのか天然なのかわからない、という評価もあった。

   中居さんと倖田さんの「熱愛」は07年8月15日付けの「スポーツニッポン」がスクープとして報道した。06年9月に倖田さんが「SMAP」のコンサートに飛び入りしたことがきっかけで、共通の話題の野球が赤い糸になったのだという。両者の所属事務所は2人の交際についてどのマスコミに対してもノーコメントを貫いている。07年9月6日付けの「日刊ゲンダイ」は、2人に電撃入籍説が浮上していると書いていて、その根拠が2人ともに「熱愛」報道を否定していないことや、倖田さんが25歳の誕生日までに絶対結婚すると「公約」していて、それが07年11月であること。人気家具店で大量に雑貨や家具を購入したことなどをあげているが、さて、どうなることやら。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中