日銀利上げ、「10月以降」に 民間エコノミストの大半が予測

印刷

内閣府の外郭団体の経済企画協会が2007年9月6日に発表した、民間エコノミストの経済予測を集計した9月の「ESPフォーキャスト調査」によると、日本銀行の次の利上げのタイミングは「10月以降」にずれ込むとの見方が大半を占めた。32人のエコノミストが回答し、利上げ観測時期については、「9月」が3人、「10月」が15人、「11月」が6人、「12月」が5人、「08年2月」以降が3人だった。米国のサブプライム住宅ローン問題により金融市場が混乱したが、「利上げは市場が安定してから」との見方が優勢だった。なお、調査は8月27日から9月3日に行った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中