「ファンに一番早く伝えたい」? デフテックHPで「解散」報告 

印刷

   2人組ミュージシャン「Def Tech(デフテック)」が07年9月7日、自分たちのホームページ上で、解散することを「突然」発表した。2人は、インディーズデビューながら2005年のNHK紅白歌合戦に出演したことでも知られる。マスコミへの発表ではなく自身のサイトで解散を表明する手法は、今風のアピールなのか、それともささやかれていた「不仲説」が関係しているのか。

「音楽的な方向性の違いから」解散

「Def Tech」が解散を発表した公式HP
「Def Tech」が解散を発表した公式HP

   デフテックは、05年に初のアルバムを出した。ヨコハマタイヤのCMソング「My Way」が人気を博し、1年目にしてアルバムは150万枚を超える売れ行きを見せた。東京出身のMicroとハワイ出身のShenの男性2人組が、レゲエ音楽に日本とハワイの「味」を加えた「独自性」を見せていた。ところが2人そろっての活動は、06年夏のツアー終了をもって途絶えた。06年秋からは2人の「不仲説」が一部マスコミやネット上でささやかれていた。「どんどん仕事をしていくのか、それともマイペースに仕事を進めていくのか」という対立軸などが指摘されていた。

   解散を伝えるHPが更新されたのは、7日未明の3時だ。HPを見たマスコミがネット上で午前中から解散を伝えると、HPは一時アクセスしづらい状態になった。

   2人のHPは、まず連名で「活動再開を待ってくれていた皆さん、ごめんなさい」「音楽的な方向性の違いからDef Techを解散することにしました」「これからは、それぞれソロとして活動し、(略)」と報告している。続いて、2人が別々に思いをつづっている。Shenは、邦訳つきの英語で「私たちは絶えず変わりつづけ(略)新たなことに挑戦しつづけます。(略)」、Microは「僕らは自分達としっかり向き合い、今前を向いて、お互いの歩むべき『My Way』を進んでいくことを決意した」。

マスコミへのコメント送付や2人の記者会見も行わない

   2人の解散は、事前のマスコミ発表はなく、HPで初めて公表された。こうした手法は、プロサッカー選手の中田英寿さんが06年夏、自身のブログで引退宣言したことで注目されたことを連想させる。06年には、プロ野球巨人の桑田真澄投手が退団をブログでいきなり発表した。芸能人が、交際スタートや破局、妊娠などを真っ先にブログやHPでファンに知らせる例は増えている。

   HPによる解散発表にはどういう狙いがあったのだろうか。

   所属事務所イルチルの担当者は「ファンに一番早く伝えたい」という「Def Tech」の2人の思いを尊重した結果だ、と説明する。マスコミへのコメント送付や2人の記者会見も行わない方針だ。「2人の本人たち『らしさ』を大事に考えると、自然にこういう形になった」。特に流行を追った訳でもマスコミを避けた訳でもない、という訳だ。2人とも所属事務所は変えず、ソロ活動をする。

   J-CASTニュースが2人の「不仲説」についても質問すると、担当者は、HPで「音楽的な方向性の違い」を原因に挙げていることを指摘し、「それ以上でもそれ以下でもありません」とした。

   7日15時ごろ、ブログ解析サイト「kizasi.jp」で「Def Tech」を検索すると、7日分だけで50件以上のブログがヒットした。趣旨としては、解散の予感がない訳ではなかったものの残念だ、しかしソロの2人を応援していきたい、といったものが多かった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中