鳥取砂丘に名大生巨大落書き 集団心理で常識置き去り?

印刷

   国立公園の鳥取砂丘で2007年9月8日朝、「HUCK」と巨大な落書きがされているのが見つかり、大騒ぎになっている。書いたとみられる名古屋大学のサークルは、法を犯した可能性があるのに、ブログで堂々と写真まで公開していた。AAAに続き、またまた発覚した若者の落書き行為。なぜ自分のしていることに自覚がないのだろうか。

2ちゃんねらーが名古屋大学のサークル割り出す

名大のサークルが落書きを明かしていたブログのページ
名大のサークルが落書きを明かしていたブログのページ

   発端は、2007年9月9日付の読売新聞が「砂丘に落書き 『景色台無し』」と観光客の怒りを報じたことだった。それによると、鳥取市の鳥取砂丘で最も高い場所にある傾斜面の「馬の背」で、縦15メートル、横50メートルにもわたって「HUCK」と砂に字が掘られていた。

   この報道に動いたのが2ちゃんねらーたちだ。字の情報や若者10~20人のグループという目撃証言をもとに、あっという間に、名古屋大学のアドベンチャーサークルを割り出し、スレッド上で祭り騒ぎになった。

   このサークル「ハックルベリーフィン」は、なんと落書きの件を9月9日付のブログで公開していた。それによると、「歩いて日本縦断」をテーマに、兵庫県の新舞子海水浴場から鳥取砂丘まで160キロの道のりを1週間かけてメンバー70人で歩いたという。ブログには、「HUCK」と明確に読み取れる記念写真とともに

「鳥取砂丘に名前を刻んできました!」

という一文が無邪気に記されている。「HUCK」は、サークルの略称とみられる。

   ところが、この場所は、山陰海岸国立公園の特別保護地区の一角。砂丘は国指定の天然記念物でもある。読売の報道を受けて、鳥取砂丘を管轄する環境省の浦富自然保護官事務所では、自然公園法に違反する可能性もあるとして調査を始めた。同事務所では、J-CASTニュースの取材に対し、

「法に抵触するかどうかは、現在調査中なのでまだコメントできない。しかし、砂丘に字や絵を描くのは、法以前の問題。一般の観光客が見るものですから、何も書いてほしくない。注意を呼びかける看板はないが、今後は設置を検討したい」

と話している。

円陣を組んで「最後までオレたちはやったぞ~」

   国立大学の学生といえば、地域ではエリートとされる。サークルの学生たちは、落書きすることで観光客の楽しみを奪うことなどに気づかなかったのだろうか。

   この点を聞こうと、J-CASTニュースでは、サークルのホームページにあった管理人のアドレスにメールを送って取材しようとした。しかし、削除作業が進められているのか、エラーメッセージが返ってきた。

   名大はこの件にどう対応するのだろうか。広報室の担当者に取材すると、

「問い合わせが数十件来ていますが、まだ事実関係の確認中です。(鳥取砂丘への落書きは)景観を損なうし、法にも触れるので、あったとしたら残念」

と言葉少なだった。

   鳥取砂丘では、北海道テレビが7年前のロケで番組名の「水曜どうでしょう」を砂に大書していたことが、07年8月に発覚。鳥取でも番組が放送されたことがきっかけだった。そして、環境省近畿地方環境事務所が8月23日、自然公園法違反(広告物の表示)に当たるとして同局を文書で厳重注意していた。

   鳥取県などによると、落書きがあった馬の背では、「登頂」を記念して落書きする観光客が絶えないという。自分の名前のほか、「~さん好き」といった類の落書きだ。

   小さな落書きはすぐ消せることもあって、大目に見られているようだ。しかし、こうしたケースでも、「よくないことなので、見つけたときは注意している」(浦富自然保護官事務所)という。北海道テレビや名大サークルのケースは、落書きが大きいだけに、メディアが報道する事態になった。ポータルサイトのニフティでは今回、「鳥取砂丘『馬の背』に落書き 今後対応について」の投票結果まで発表した。

   ネットテレビ「アメーバビジョン」では、サークルメンバーが06年9月に投稿したとみられるビデオ「HUCKRALLY2006・1隊スタンツ」が放映されていた。それを見ると、落書き当日は、集団心理で常識的な感覚が麻痺していたのではないか、と思えてくる。それは次のようなシーンだ。

   海辺の砂浜のような場所で、赤い上着に白いネクタイ姿のメンバー約20人が集まっている。

「僕たち1隊は、たくさんたくさん苦しいことがありました。地図を間違えて道に迷ったり、大雨が降って歩けなくなったり…」

   そして、手をつなぎながらリーダーの指揮で1隊の歌を歌い、最後に円陣を組んで、こう叫んだ。

「最後までオレたちはやったぞ~」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中