北の湖理事長の「言論統制」 記者から取材証没収

印刷

   日本相撲協会の北の湖理事長が、テレビ番組で相撲協会を批判したなどとして、元NHKアナウンサーで東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博さん(76)から、協会発行の取材証(ID)を没収していたことがわかった。マスコミ側からは「言論統制」といった批判の声が噴出。記者クラブの抗議などをうけ、結局はIDカードは杉山さんに返却され、一応の決着を見た。

相撲記者クラブは「暴挙だ」などと反発

角界の「言論統制」にマスコミは反発
角界の「言論統制」にマスコミは反発

   杉山さんが報道陣に語ったところによると、杉山氏は2007年9月10日、協会広報部に呼び出され、女性職員から

「理事長が(杉山さんの)発言を非常に気にしています。とにかくIDカードを返してください」

と言われ、納得しないながらも

「彼女の立場もあるからお預けします」

として返却したという。

   杉山さんは、連日テレビに出演、朝青龍や相撲協会に対して批判的な発言を繰り返していたが、これが問題視された模様だ。相撲記者クラブでは「批判する相手のIDを取り上げるのは暴挙だ」などと反発、翌11日に総会を開き、理事長側に抗議文を提出した。

   北の湖理事長は、クラブ代表者に対して、没収の理由を(1) 2007年8月14日放送のTBS系情報番組「朝ズバッ!」で、コメンテーターが「朝青龍への処分に対しては弁護士や識者を入れて決めるべき」と述べた際、うなずいて同意したように見えたため、これが協会批判にあたる

   (2)「会友」としてIDを発行されているのに、「相撲ジャーナリスト」「相撲評論家」という肩書きでテレビ出演しているのはおかしい、というもの。

   他人からの批判を封じるやり方に、マスコミ側、特にスポーツ紙は一斉に反発。東京中日スポーツは「北の湖理事長 逆ギレ」という見出しを1面にかかげたり、東京スポーツは、「会友」の、こんな発言を紹介している。

「理事長はワイドショー嫌いだから、杉山さんが気に食わなかったんだろう。本当にキンタマが小さいよ」

IDカードの没収これだけではすまない?

   ちなみに、今回の騒動では、9月12日に北の湖理事長と杉山さんが面談。杉山さんが

「これから出演する時は(「相撲評論家」ではく)「会友」でお願いするし、今後も相撲協会の応援団の一員です」

と述べる一方で、北の湖理事長は

「話し合ったことで分かり合えたのでは」

などと話し、IDカードが杉山さんに返還されるという形で一応の決着を見た。

   しかし、北の湖理事長は、

「協会への批判は真摯に受け止める」

としながらも、杉山さんと同じようなケースがほかの会友にも見られることを指摘。さらなるIDカードの没収を示唆するなど、批判に不寛容な本音が見え隠れしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中