「愛の告白」から「別れ話」まで 携帯メールで済ます最新恋愛 

印刷

   今や中学生の約6割、高校生の9割以上が利用している携帯電話だが、携帯電話で恋愛のありようも変わってきているのかもしれない。というのも、3割以上の中高生が「愛の告白」から「別れ話」までを携帯メールで済ましているようなのだ。学校の体育館の裏に呼び出して、校門の前で待ち伏せして、なんていうのはもう昔の話になりつつある?

中高生の34%が携帯メールで「告白」

もはや「告白」から「別れ話」まで携帯メールで済ませる時代?
もはや「告白」から「別れ話」まで携帯メールで済ませる時代?

   携帯向けサイトを利用している中高生の34%が携帯メールで「告白」をし、40%が携帯メールで「別れ話」をする。こんな結果が、バンダイネットワークス東急エージェンシーなどが9月12日に発表した調査で出た。

   実際に相手に会って伝えると答えたのは、「告白」の場合は58%、「別れ話」は49%。実際に会って想いを伝える人の方がまだ多いが、「告白」「別れ話」という「一大事」は会ってするものだといった常識が、もはや現代の中高生のあいだでは「常識」ではなくなってきているようなのだ。

   この調査によれば、中高生の携帯電話の1日の利用時間は、3時間以内が17%で最も多く、次いで多いのが5時間以上で25%。全体だと、中高生の半数以上が2時間以上携帯電話をいじっている。

   「友達からメールが来たら、何分以内に返信するのがマナー?」という設問では、「即答」と答えた人が37%で最も多く、「5分以内」「10分以内」としたのがそれぞれ18%といった具合。中高生にとっては概ね「メールは即答」が常識のようだ。それだけ、中高生にとっては、携帯メールは重要な「伝達ツール」ということだろう。

   調査は、携帯コミュニティーサイト「GAMOW」を利用する中高生を対象に、7月20日~21日に行い、2,891人から回答を得た。

   一方で、携帯メールは中高生に限らず、その上の世代にとっても重要な「伝達ツール」になってきているのも確かだ。

携帯メール送信「1日10から30通未満」23.7%

   MMD研究所が、07年7月19日に発表した「携帯電話の利用に関する実態調査」によれば、パケット定額制に非加入の人に「携帯メールの送信数」をたずねたところ、「週に数通」と答えたのは8.6%で「1日1~5通未満」が37.5%だった。

   一方で「1日10通以上」とする人は、半数を超えており、「1日5から10通未満」は25.2%、「1日10から30通未満」23.7%、「1日30から50通未満」が7.3%、「50通以上」は7.8%、となっている。

   同調査は、7月6日から10日までの5日間、モバイル19サイトのユーザーを対象に実施したもの。(有効回答数は9,584人、10代:18.0%、20代:28.0%、30代:33.4%、40代:17.2%、50代以上:3.4%)

   このなかで、どれくらいの人が「告白」や「別れ話」といった「大事なメッセージ」を携帯メールで伝えているのかは分からないが、

「母親の携帯を見ていたら、父親から『今日も愛しています』というメールが来ているのを見た」(28歳会社員)
「友達が携帯メールで告白して、『30分前に会ってなかったっけ?』という返信が来たらしい(笑)」(32歳会社員)

といった声も聞かれている。ある意味、直接自分の口で伝えにくいメッセージを伝えるのに「ケータイメール」は重宝しているということだろう。もはや、携帯メールは恋愛の必需品になりつつあるのかも(?)。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中