「5W1H」の目的別に検索 「goo」が実験開始

印刷

インターネットのポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは2007年9月12日、新しいパソコン検索方法の実証実験を始めた。名称は、いつ(When)、どこで(Where)などを指す「5W1H」。検索画面には「5W1H」の6項目の「ボタン」が表示され、1つのキーワードをそれぞれの観点から検索できる。試しに「goo」のキーワードを入力し、「What」検索すると、検索結果1位は「goo」のHPだった。同様に「How」検索すると、「gooダイエット」のサイトが1位だった。「gooラボ」サイトの「検索UIラボ」の項目を選択すると、「5W1H検索」画面へ移る「ボタン」がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中