ソニー、最先端半導体の生産設備を東芝に売却へ。

印刷

ソニーが、ゲーム機「PS(プレイステーション)3」などに使われている最先端半導体「sell(セル)」の生産設備を、2008年春にも東芝に売却する方向である、と日本経済新聞(07年9月15日付け)など各紙が伝えた。売却対象は、長崎県諫早市の大規模集積回路(LSI)製造ラインで、売却額は1000億円。ソニーは「sell」の開発に数千億円を投じたが、「PS3」の売れ行きが鈍く、投資の回収が遅れていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中