米司法省、東芝など半導体3社を独禁法違反容疑で調査

印刷

米司法省が東芝韓国のサムスン電子米サンディスクの半導体大手3社に対して、反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで調査を始めた。米メディアが2007年9月14日に報じた。デジタルカメラや携帯電話などに使われる半導体のフラッシュメモリーをめぐり、不正な価格操作をした疑い。フラッシュメモリーは、世界的に需要が急増している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中