宇多田ヒカル「恋愛告白」 「年下、モデル、イケメンは嫌い」

印刷

   シンガーソングライターの宇多田ヒカルさん(24)が、自らのブログで意外なコメントをした。女性週刊誌に報じられた「カラオケデート」を否定したうえ、年下やイケメンモデルは好みでないと明かしたのだ。

相次ぐイケメンとの「親密デート」報道

一連のデートを否定した宇多田ヒカルさんのブログ
一連のデートを否定した宇多田ヒカルさんのブログ

   宇多田ヒカルさんの「親密デート」を伝えるニュースが、このところ目立ってきた。最近では、俳優の藤原竜也さん(25)とのデート現場が目撃されたことが報じられた。その噂が消えないうち、今度は「人気モデルと朝5時までカラオケデート」だ。

   この話を伝えた「週刊女性」2007年9月25日号によると、ヒカルさんは年下のイケメンモデルの山崎健太さんを個室カラオケに呼び出した。そして、早朝まで店内にいたうえ、店を出ても2人でイチャついていたという。

   こうしたゴシップ記事にかみついたのが、ヒカルさんだ。公式ブログ「Message from Utada Hikaru/Utada」で2007年9月18日、カラオケデートについて

「最近そんなことしたっけなあ?」

とまずは得意の(?)おとぼけ。そして、自らこういう時に2ちゃんねるを利用しているとして、それを見て思い出したと明かした。

「夏の始め頃、友達の女の子と二人で個室で飲んでて、後になってその子の彼氏が合流したっていうだけの話なんですけど。なぜか、私が年下のモデルの男の子を個室に呼び出して朝までいちゃいちゃしてたみたいな書かれ方をしてたよ」

   さらに、竜也さんとのデートについては

「これはまったくの事実無根で、藤原竜也さんとは会ったこともないけど・・・もしかしたら私にそっくりな人とデートしてた可能性はあるかもよ!(ミラクルひかるさんとか)」

とおどけながら否定してみせた。

えんぴつを鼻の下にはさんだ写真がアップ

   そして、意外だったのが、カラオケデートについて触れた部分だ。

「年下(笑) モデル(笑) イケメン(笑)・・・私の好みの反対(笑)」

   う~ん、年下が嫌いなのは分からないでもないが、モデルやイケメンが嫌いって…。確か、2007年3月に離婚した映像クリエーターの紀里谷和明さん(39)は、結婚した当時は、「チョーイケメン」と報じられたはず。

   とはいっても、竜也さん、健太さんと、噂になるのはイケメンばかり。テレビ朝日で9月7日に放送された「ミュージックステーション」では、CMに入る番組終了前に、男性アイドルグループ「嵐」の松本潤さん(24)と無言で見つめ合っていたことが話題になった。

   ヒカルさんは、ブログの9月11日付日記「うらばなし」で、この件について、カメラに向かって鼻をほじるザ・クロマニヨンズのパフォーマンスが気に入って、お互いにやるよう押し付けあっていたからだと、説明する。そして、潤さんが迫ってきた様子を、次のようにノロけてみせた。

「あのマンガのキャラみたいにキリリとしたまゆ毛とお目目で!
私はもう、ヘビに睨まれたネズミみたいに硬直しちゃって、(だってすごい眼力なんだよ)『あ・・・あうっ・・・』とたじろいでいました」
「いや~、そしてね、最後のエンディングトークで。やってくれましたよ、松本潤。『クロマニヨンズよかったですね~!とくにこれが!』って言いながら鼻をほじったんだよ!すげーよ!ジャニーズなのに!かっけーよ! 参りました・・・」

   もっとも、ヒカルさんが最近、イラつきぎみなのは確かなようだ。ブログで、綾小路翔さんの結婚披露宴で歌を披露できなかったことに毒づいたり、歌手の倖田來未さん(24)のプロフィール写真にかみついたり。一連のデートを否定した9月18日付日記「えんぴつ」では、鼻と上唇でえんぴつをはさんで、つまんなそうなヒカルさんの写真がアップされている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中