ともさかりえ夫婦は新型仮面夫婦? ブログで家庭内コミュニケーション

印刷

   タレント同士の結婚は、やはりすれ違いが多いのだろうか。俳優のともさかりえさん(27)と夫で同じ俳優の河原雅彦さん(38)夫婦が、ブログでお互いにコミュニケーションを取り合ったことがネット上で話題になっている。

「離婚」まで2人の話題に出て

夫とブログで家庭内会話をしたと話題のともさかりえさんの日記
夫とブログで家庭内会話をしたと話題のともさかりえさんの日記

   ともさかりえさんは、2003年に雅彦さんと結婚。翌年に長男(2つ)を出産した。りえさんは、結婚後も、テレビのほか、映画、CMなどで幅広く活躍している。最近は、子育ての本を2冊出版したほか、自らのアメーバ・ブログでは、若槻千夏さんと1、2位を争う人気だ。雅彦さんは、演出家、脚本家としても活躍している。

   そんな幸せそうなお2人だが、意外な家庭内会話が明らかになった。それが、なんとネット上なのだ。まず、雅彦さんが2007年9月19日、自らのブログ「河原雅彦改め、アブドーラ・ザ・マッチャーの吹けよ風、読むなブログ」の日記で、深刻な調子でりえさんにある問いをぶつけ始めた。

   まず「最近では奥さんまで仕事が忙しくなってきて、ほとんどすれ違い夫婦の様相を呈してきたマッチャー家」と告白。そして、りえさんのブログを読んで驚きの声を上げた。

「へぇ?、今、大河やってるんだぁ……相手役、瑛太君なんだぁ……相変わらず美味そうなもん一杯食べてんなぁ……ライブ?なんだ結構遊んでんじゃん……お、ポパイのお弁当だ。え?連ドラの収録も始まったのぉ?……へぇ???、あそお」

   そこで、本当なら実に衝撃的な悩みを打ち明けるのだ。

「『気になる人が出来ました』『今、恋をしています、私』(中略)『離婚を決意しました。今週中にも話し合いを持ちたいと思います』みたいな衝撃告白までそのうちブログで知らされそうで、で、意外と、『へぇ?』ってパソコンの前で頷いている自分がいそうでなんだか空恐ろしくなる」(中略は編集部挿入)

「全く…男性は変なとこ心配性でやきもちやきだから困る」

   これに対して、すかさずブログで応答したのがりえさんだ。「夫」と題した9月19日付日記で、くだんの夫の告白部分を写真にアップして、「なんか凄い疲れてんのな、夫」と言いながら、こう溜め息をついた。

「私も大河と連ドラが始まり、しかも忙しくなる前に遊んでおかねば!とアチコチお出掛けしていたのは事実なのだが…被害妄想だぜ、夫よ。全く…男性は変なとこ心配性でやきもちやきだから困る」

   まさに家庭内会話だ。いったい、2人の間に何があったのだろうか。
   J-CASTニュースが9月21日、りえさんの所属事務所に連絡するとマネージャーは不在とのことだった。が、雅彦さんの事務所のマネージャーからは連絡が来て、こう答えてくれた。

「仲良くやっていますよ。だからこその冗談でしょう。ご心配には及びません。最近ちょっと仕事が忙しいので。ブログで会話のやり取りをしているかのように思われるかもしれませんが、家では2人とも毎日一緒にいますよ」

   りえさんも、ネット上で話題になったのを驚いたようで、21日、ブログを更新して、

「多かれ少なかれ真に受ける方々もいらっしゃるのかしらん。わはは。真剣にすれ違ってたら、冗談でもブログになんか書かないっつーの」

と笑い飛ばしてみせた。ともかく、「離婚」はないということか。

   忙しい夫に対し、りえさんは、いたってマイペースだ。ブログからは、友人宅で料理を作り合ったり、一人息子を散歩させたりと、仕事の合間に悠々と時間を楽しむ姿が伝わってくる。夫に溜め息をついた19日の日記も、締めくくりはこうだ。

「アタシなんか、朝に引き続き、またおやきモリモリ食べてるっつーの。さて、息子と昼寝しますかね」

    さすが、人気ブロガーの余裕だ。ところで、蛇足ではあるが、気になったことがある。それは、ブログのプロフィール欄にあった「精霊占い」だ。りえさんを「海の精霊」にたとえ、行動属性として「恋多き人」とある。

   そこには、「恋愛系」として、次のような予言(?)がされていた。

「ともさかりえさんは『この相手』と確信するまでは、なかなか心の扉を開きません。でも、一度好きになったら命懸け。中途はんぱな気持ちで異性を愛するなんて、決してできません」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中