安倍首相、「クーデター説」を否定

印刷

安倍首相は2007年9月24日、入院先の慶應義塾大学病院(東京都新宿区)で会見を開き、「体調が悪化し、体力の限界を感じた」などと、健康問題が退陣のもっとも大きな理由であることを認めた。麻生太郎前幹事長が安倍氏を退陣に追いやったという、いわゆる「クーデター説」については、「まったく違う。そんな事実は存在しない」と、強く否定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中