時津風親方など傷害致死容疑で立件へ 愛知県警

印刷

時津風部屋の序ノ口力士が2007年6月に愛知県犬山市でけいこ後に急死した問題で、同県警捜査一課と犬山署は07年9月26日に、時津風親方と部屋の兄弟子ら数人を傷害致死容疑で立件する方針を固めたと「スポーツニッポン」など各紙が報じた。死亡したのは時太山(当時17歳、本名:斉藤俊さん)で、部屋から逃げ出すなどの行動に対し制裁目的の暴行があったという疑い。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中