REITが安値更新 サブプライムローン問題が影響

印刷

   東京証券取引所に上場する不動産投資信託(REIT)の総合価格指数である東証REIT指数が9月18日、1774.18と年初来安値を更新した。米国の低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)の焦げつき問題による影響で、欧米の投資家の資金が流出しているのが最大の要因だ。地価上昇などを背景に昨秋から急速に上昇してきたREITだが、投資家離れによる悪影響も懸念されるようになってきた。

外国人投資家が国内REIT市場のけん引役だった

不動産投資信託(REIT)が安値を更新した
不動産投資信託(REIT)が安値を更新した

   REITは、オフィスビルやマンションなどの不動産物件に投資し、賃料などの収入や売却などで得た利益を投資家に分配する金融商品だ。日本では00年11月に解禁され、現在は約40銘柄が東証に上場している。

   REIT指数は昨年11月ごろから上昇ペースを上げ、2007年5月31日には2612と史上最高値をつけた。国内の景気回復を受け、首都圏を中心としたオフィスビルの賃料収入が増加するとの期待感などから、投資熱が一気に高まったためだ。「日本のREITは欧米と比較しても割安だ」との見方も強く、欧米の投資資金が続々と流入した。

   外国人投資家が購入したREITは、5月まで11カ月連続で売却額を上回った。その総額は購入額全体の5割を超えており、海外資金が国内REIT市場のけん引役となってきたのは明らかだ。

   しかし、6月に入るとREITは急速に下落。7月末以降は下げ幅を拡大し、ついに年初来安値を更新してしまった。

損失の穴埋めとして日本のREITを換金売り

   下落に転じたきっかけは、サブプライムローン問題に伴って世界を襲った急激な株安といえる。サブプライムローン問題そのものが不動産投資のイメージを悪化させたことで、投資家がREITから手を引く空気が一気に広がった。世界的な株式急落で損失を被った欧米の投資家が、その穴埋めとしてこぞって含み益のある日本のREITを換金売りした影響も大きい。

   市場ではそもそも、「国内のオフィスビルの賃料などは堅調で、不動産市況は悪くない」(市場関係者)との見方は多い。しかし、REITからの資金流出は止まらず、投資家離れがこのまま続けば、REITによっては資金繰りが悪化する懸念も生じている。

   REIT指数が急騰していた昨秋から今春にかけて、既にリスクを懸念する声は出ていた。海外投資家の投機熱が冷めた場合の反動への恐れだったが、それが現実に起こっているのが今の実情だ。サブプライムローン問題がいつ沈静化するのか、欧米の投資資金が再び日本に戻ってくるか、市場は注目している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中