エリカ様HPで「責任取る」 これは「引退宣言」なのか

印刷

   「人として、まだまだ未熟だった」――女優・沢尻エリカさんが舞台挨拶での態度について自身のオフィシャルサイトに謝罪文を掲載した。そこには「責任を取る」という意味深なコメントもあり、業界では「引退するのでは」という見方もある。どうなるエリカ様?

「許せない」とする意見が82.4%

沢尻エリカさんは公式サイトで「責任を取る」と述べた
沢尻エリカさんは公式サイトで「責任を取る」と述べた

   沢尻エリカさんは2007年10月2日未明、自身のオフィシャルサイトに謝罪文を掲載した。9月29日の映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつで、終始不機嫌な様子で「特にないです」「別に!」としか語らなかったことについて、「関係各位の皆様には、多大なご迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます」と謝罪した。その上で、エリカ様は次のように述べている。

「諸悪の根源は全て私にあるもので、それを踏まえた上で、責任を取る考えです。そしてなにより今回の一件で、多くのファンの皆様を失望させてしまった事は、明らかに私のファンへの裏切りです。女優として、表に出て表現する人間として、プロとして、あってはならない事で、そして人として、まだまだ未熟だったゆえの事だと思います」

   沢尻エリカさんの態度をめぐっては、07年9月30日放送のTBS系バラエティー番組「アッコにおまかせ!」で、和田アキ子さんが「威張ってるってこと?そういうことなら今度シメる」と述べ、10月1日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ!」では勝谷誠彦さんに「リング上のカメ(ボクシングの亀田兄弟)と同じ。人間としての礼儀をまず覚えろよ。女優とか言う前に」「オレが最初にシメる」とまで批判されていた。

   こうした批判はファンからも相次ぎ、東宝の「クローズド・ノート」公式ブログのコメント欄は問題となった舞台挨拶以降に閉鎖。さらに、ヤフーの映画「クローズド・ノート」のレビューでは、07年10月2日夕方現在で500件以上のコメントが寄せられており、「完全に見る人を馬鹿にしている」「あの舞台挨拶を見て興味がなくなりました」などの批判の書き込みが相次いだ。所属事務所のホームページにもアクセスが殺到し、現在所属する他の芸能人のサイトが見られなくなるなど被害が拡大している。

   ポータルサイトのビッグローブが実施した「舞台挨拶での沢尻エリカの態度を許せる?」としたアンケートでは、「許せない」とする意見が82.4%に及び、「許せる」の9.7%を圧倒しており、エリカ様への反発はかなり大きいようだ。

休業や引退も危ぶまれる状況になってきている?

   さらに気になる現象も出ている。
問題となった舞台あいさつでエリカ様に質問した元アナウンサーの富永美樹さんは10月1日に自身のブログで、「エリカ様騒動」のスポーツ紙報道を受けて、

「36のおばちゃんが21歳の女の子に『恐る恐る』質問するかぁ、フツー。この設定はムリあるだろぉ・・」
「ただ、同じ事務所に所属するモノとして、そして年上の女として、少しでもいい印象で終われるようにしてあげたかった・・」

と綴っていた。それがどうしたことか即日のうちに削除された。
エリカ様の舞台あいさつでの態度が関係各所に大きな波紋を広げているのは間違いないようだ。

   こうした状況を受けてのエリカ様の謝罪コメントのようだが、気になるのは「責任を取る」という言葉だ。あるマスコミ関係者は、「責任ってどう取るつもりなのか。引退する以外考えにくい。まさか、今後仕事に懸命に取り組むことで責任を取りたい、といった政治家や役人みたいなことはないだろうし」と話している。10月2日の夕刊フジでも事務所広報担当者のコメントとして「今後については状況次第です」と掲載されており、エリカ様の休業や引退も危ぶまれる状況になってきているような記事だ。

   エリカ様が芸能界引退、なんてことはあるのだろうか?J-CASTニュースは沢尻エリカさんの所属事務所スターダストプロモーションに取材を申し込んだが、「現在担当者は外出している」と述べており、今のところ回答はない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中