シティ、国内初の三角合併で日興を完全子会社に

印刷

シティは2007年10月2日、約68%の株式を保有している日興コーディアルグループ(CG)の残りの株式について、シティグループ・インクの株式との交換によって取得すると発表した。これによりシティは、08年1月をめどに日興CG株を全額取得することになり、完全子会社化が実現する。同時に、日興CGは東京証券取引所などで上場廃止となる。今回、シティがとった株式交換は今年5月に解禁された「三角合併」といわれる手法で、国内では初めてのケース。
日興CGは現在も米シティグループの日本法人であるシティグループ・ジャパン・ホールディングス(HD)の傘下にあるが、日興CGの既存の株主は1株あたり1700円の価値のシティ株を対価として取得することができる。
シティグループは日本で、ジャパンHDとは別に、シティバンク銀行やシティバンク証券、シティカードジャパン、消費者金融のCFJなどを子会社として展開しているが、各社がジャパンHDの傘下に入ることについて、「方向性としてはあるが、現在のところ決まっていることはない」(シティ広報)と話している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中