冬のボーナス「平均74万8621円」 92年以来の高水準

印刷

(財)労務行政研究所が2007年10月3日に発表した「東証第1部上場企業の2007年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」によると、ボーナスの平均支給額は74万8621円で、対前年同期比、金額で1万5766円、伸び率で2.2%増加している。この水準は1992年以降で最も高く、03年以降5年連続の増加だが、企業収益の伸びが鈍化したことで伸び率はやや小幅になった。産業別・業種別では、製造業(212社)の伸びが縮小した半面、非製造業(55社)は消費が持ち直した商業や陸運、建設などが小幅ながら増加基調を示した。調査は東証第1部上場の1740社(9月末)のうち、春闘などの交渉で冬のボーナスを決めている企業267社を対象に行った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中