東京都東村山市が「トトロの森」を購入へ

印刷

東京都東村山市は2007年10月9日、宅地開発計画が持ち上がっていた「淵の森」と柳瀬川を挟む隣接地である約1500平方メートルの雑木林を購入するため、7371万円を計上した07年度補正予算案を市議会に提出した。この土地は、アニメ映画の宮崎駿監督が「となりのトトロ」の構想を練ったという雑木林で、宮崎監督が会長を務める淵の森保全連絡協議会が5月に宅地開発に反対し、公有地化を求める嘆願書を提出していた。同協議会には9月14日現在、1481人から2452万666円の寄付が集まっていて、用地取得費の7371万円は市緑地保全基金と寄付金でまかなう。審議は17日。東村山市は、「可決されれば緑地を鑑定後、地主との交渉に入りますから、11月には購入できる見通しです」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中