「初音ミク」特集雑誌3日で完売 ヤフオク、アマゾンで3倍の価格も

印刷

   歌うバーチャルアイドル「初音ミク」を特集した月刊誌が売れに売れ、発売後3日 (2007年10月9日)で出版社の在庫がゼロになった。オークションサイトでは07年10月10日、定価の3倍以上の4000円台の値が付くフィーバーぶりで、原因は、ミクの人気に加え、実際にミクを歌わせることができる体験版ソフトが付いていたためのようだ。

かなりの部数、刷り増ししてもこの事態

「初音ミク」を特集した雑誌が売れに売れている
「初音ミク」を特集した雑誌が売れに売れている

   ディスクトップミュージックの専門誌「DTMマガジン」は07年10月9日、こんなお知らせをホームページに掲載した。

「『初音ミク』を特集したDTMマガジン2007年11月号の弊社在庫分は完売しました。ありがとうございました。増刷の予定はございません」

   発売日が07年10月6日だから3日間で売り切れたことになる。

   同誌の発行部数は公称3万部。同誌を発行する寺島情報企画J-CASTニュースに対し、

「実数はいえませんが、通常より、かなりの部数を刷りました。当社に在庫はなくなりましたので、書店などで探してもらうしかありません」

そして、同社としても記録的な売れゆきになりそうだとしていて、その理由を、

「『初音ミク』の人気しかないでしょう」

と話している。

   「初音ミク」は、クリプトン・フューチャー・メディア(本社:札幌市)が企画・制作し07年8月31日に発売したボーカル・アンドロイドソフト。ユーザーがパソコンでメロディと歌詞を入力すると、16歳のバーチャルアイドル「初音ミク」が歌ってくれる。その歌声は「アニメの萌え系」。ハモったり、ビブラート、ブレス(息を吸う)音まで付けられ、上手に入力できれば「もう人間の歌手なんていらねんじゃね?」などのカキコミがネット上に出るほど、驚きの歌声を披露してくれる。

   発売直後から「ニコニコ動画」などで話題になり、通常なら年間で1000本売れれば大ヒットのジャンルにもかかわらず、発売後2週間で3500~4000本も売れ完売状態。07年10月10日現在で15000本売れている。

   「DTMマガジン」11月号にはこのソフトの体験版が付いていて、インストールから10日間使えるようになっている。

定価1500円に対し、4500円以上というプレミアム価格

   月刊誌発売から3日後にオークションサイトに出品されるのも珍しいが、定価1500円に対し、4500円以上というプレミアム価格になっているのも驚きだ。「ヤフーオークション」では07年10月10日現在で18冊出品されていて、最高値が4500円。売り手が値段を設定できる「Amazonマーケットプレイス」には同12冊出品され、設定価格は4600円~6000円だ。

   これだけ人気なのだから増刷すればいいと思うのだが、増刷はしないのだという。今回の号は「ミク」のソフトが付いているため、増刷するだけで2~3週間かかり、ともすれば販売が翌月号と重なってしまい、記事自体も新鮮でなくなる可能性があるためだという。しかし、「ミク」の人気が本物だとわかったことで、「DTMマガジン」としては「ミク」の新しい情報を掲載し、特集などをこれからも掲載していく予定なのだという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中