あいさつせずに「うん」だけ 「『うん子』かと怒鳴りたい」

印刷

   小学校で配布された「学校だより」に掲載された校長先生のコラムが波紋を呼んでいる。あいさつをきちんとせずに「うん」としか言わない子どもが多い現状に対して「おまえは『うん子』かと怒鳴りたくなる」などとつづったものだが、保護者などから「言葉遣いが不適切」「気分が悪い」などと苦情が寄せられたというのだ。その一方で、教育委員会や学校側に寄せられた意見は、校長に同情的なものもあるようなのだ。

「どついたろか!という気持ちになってしまいます」

   発端となったのは、横浜市立西寺尾小学校(同市神奈川区、児童数407人)で2007年9月28日に配布された「学校だより10月号」。毎月各家庭に1枚ずつ配布されるもので、毎号校長が文章を書いている。10月号は約320枚が配布された。同号に掲載されたのは、「うん子」というタイトルの、あいさつの重要性を訴える文章で、「元気な『はい』という返事はとても気持ちのいいものです」との書き出しで始まる。その一方で、現状では必ずしも「はい」という明朗な返事が多くはないことを指摘。さらに、

「『分かったのかな』と聞くと『うん』。もう腹が立ってきて『うん、じゃなくてはいでしょ』と言うと、やっぱり『うん』。おまえは『うん子』かと怒鳴りたくなるわたしのこの気持ち分かってもらえますでしょうか」

と、「うん子」という独特な表現で、自身のいらだちを表現している。また、文章中には、

「(用事を頼む時に)『ええ!わたし?』とか、『どうして?おれ!』とか言われると、何だこいつは!どついたろか!という気持ちになってしまいます」

と、「どつく」と、少々穏やかではない表現も含まれている。

   同校の吉田秀一校長によると、発行直後から10月初旬にかけて、保護者からPTA会長経由で「言葉が不適切」「不快だ」といった苦情が学校に寄せられたという。

   さらに、10月5日の市議会決算特別委員会で、仁田昌寿市議(公明党)が「人権意識に欠けた内容なのではないか」などと質問。

   それに対して、押尾賢一教育長は「誠に遺憾で不適切。実態を調査し、適切に対処したい」と答弁。中田宏市長も「びっくりした。言葉をわきまえて教育にあたっていただきたい」と、同様の見解を示した。これを受けて、10月6日の各紙が、地方面で、この話題をいっせいに報じた。議会での質問をきっかけに、波紋が広がった形だ。

校長を擁護する声も寄せられたという

   横浜市の教育委員会にも、現時点で5件の意見が寄せられた。ただ、同委員会小中学校教育課によると、「表現が不適切で、改めるべき」という声がある一方で、

「そもそもあいさつの問題は、家庭でしつけるべき話。(議会で取り上げられたが)今回の件は『大事件』だとは思わない」

と、校長を擁護する声も寄せられたという。

   吉田校長はJ-CASTニュースに対して

「あいさつの大事さを伝えるために、これまでにないユニークな書き方をしたつもりでしたが、品のない言葉遣いで不快な印象を与えてしまいました。申し訳ありませんでした」

とコメント。その一方で、

「逆に『ユーモアがあって良かった』といった声はなかったんですか?」

という記者の問いに対しては、

「ホームページ経由でも、様々な意見を頂いています」

と、批判以外の声があったことを示唆しながらも、その内容や件数については

「今回のことで子どもたちを傷つけてしまったことですし、新聞に出たことで(子どもたちが)動揺しているので…」

と、明らかにしなかった。11月号以降の『学校だより』については、

「もう少し考えて、言葉を選んで文章を書いていきたいと思います」

としている。

   一方の、問題提起をした側の仁田市議は、

「子どもに関わることなので、慎重に、丁寧に扱わなければならないと思っています。(議会質問の)経緯などについてのコメントは控えさせていただきたいと思っています」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中