野村HDが米国のRMBSビジネスから完全撤退

印刷

野村ホールディングス(HD)は2007年10月15日、米国で展開してきたRMBS(住宅ローン担保証券)関連ビジネスから完全撤退する、と発表した。2007年7-9月期に、この事業で約730億円の損失を計上する。同社の07年9月末時点のRMBS関連のポジションは約480億円で、このうちサブプライム住宅ローンは約170億円。これが10月には約140億円(うち、サブプライム分1億円)とさらに減少しているという。7-9月期はRMBS関連の損失に加えて、大幅な人員削減などにより約100億円の一時費用がかさむことから、連結税引き前損失額は約400~600億円となる見込み。同社の古賀信行社長は「米国のRMBS関連ビジネスはマーケットが想像以上に早いスピードで崩れた。当社はこれまでのポジションの圧縮で、RMBS関連の処理はメドが付いた。今後も、米国でのビジネスの『選択と集中』を進めていく」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中