「ギャル曽根」効果で大食い人気 特大「メガ牛丼」「メガ弁当」登場

印刷

   牛丼チェーンの「すき屋」が2007年10月16日、牛丼の「並盛」3杯分の牛肉と大盛りと同じご飯を使った「メガ牛丼」の販売を始めた。出足は好調だという。このほか、日本マクドナルドの「メガマック」、ファミリーマートの「メガ弁当」も大人気だ。「ダイエット」「美容」がトレンドだったはずなのに、これほどまで「大食い」がもてはやされるのはなぜか。

たまには「お腹いっぱい食べたい」

「メガ牛丼」には「並盛」3杯分の牛肉が使われている(「ゼンショー」ウェブサイトより)
「メガ牛丼」には「並盛」3杯分の牛肉が使われている(「ゼンショー」ウェブサイトより)

   「メガ牛丼」はさすがに迫力がある。1286キロカロリーで、ジョギングを2時間するのと同等のカロリー量なのだという。値段は680円で07年11月11日までは30円引きになっている。「すき屋」を経営するゼンショーの広報担当者はJ-CASTニュースの取材に「想像を超える好評」と話し、笑いが止まらない、という感じだった。

「一般のお客様が食べられているんですよ。紅ショウガや七味などの薬味や、カレーなどのトッピングを使って、色んな味を楽しんで食べておられます」

   同社広報担当者によると、お客から「特盛」以上量がある牛丼が食べたい、という要望が多くなったのは07年春からだという。ちょうど「メガマック」発売の頃だ。世の中はダイエットや、美容に気を使う人が多いはずなのに、「メガ」を食いたいなんて、何が変わってきたのか。同社広報はJ-CASTニュースにこう説明した。

「ダイエットを気にしている方でも、たまには『お腹いっぱい食べたい』という気持ちがあります。お腹がいっぱいになると幸せな気持ちになりますしね。そんな人達のニーズに合った商品が出た、ということなのではないでしょうか」

   つまり、「たまには大食いをしたい」ということのようだが、その背を押したのがギャル曽根さんなどのフードファイターのテレビ露出なのではないか、と同社広報は考えている。

「あれだけの量を食べると、見ている側も気持ちいい。見ている人も食べたくなってしまう」

   ちなみに、テレビ東京系で07年9月30日に放送した「元祖!大食い王決定戦」が視聴率19,7%を記録した(関東地区:ビデオリサーチの調べ)。なんと同局では21世紀中2番目の高視聴率。瞬間最高視聴率は、ギャル曽根さんが敗退した瞬間の28.8%だった。

格差社会が「大食いブーム」を押している??

   ボリュームの多い料理を出す飲食店も客数が相当増加しているという。東京の神楽坂飯店は、重さ2.5kgの一升チャーハン、餃子100個などをそれぞれ60分以内で食べれば無料になる店として有名だが、やはり、ギャル曽根効果と思われる形で客数が増えているという。ただし、「フードファイターのお客さんが増えてしまい」痛しかゆしなのだと話す。大食いチャレンジメニューは42年間も続けている。そんな同店から見ると、現在の「大食い」ブームはこれまでと少し様子が違う。大量の豪華な料理を、ギャル曽根さんたちが美味しそうに胃袋に流している映像の一方で、こんなことが視聴者におきているのではないか、というのだ。

「(格差社会、ネット難民などがあり)食べれなくなっている人が増えているじゃないですか。だからテレビを見て羨ましい、というのがあるんじゃないですか!?今の大食いブームも無関係とは言えないような気がします」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中