参加体験型の新しいタイプの科学館「千葉市科学館」がオープン

印刷
館内には140もの展示装置がある
館内には140もの展示装置がある

科学の不思議さや驚きを伝える「人が主役」の参加体験型科学館「千葉市科学館」が2007年10月20日、オープンした。千葉都市モノレール葭川(よしかわ)公園駅から徒歩4分。科学館は巨大な「ボール」が宙に浮く複合施設「Qiball」(きぼーる)の7~10階にある。1階アトリウム頭上の巨大な球体は、200人を収容する国内最新鋭のプラネタリウムで、1000万個の星を映し出す。
館内には約140もの展示装置があり、実際の竜巻にふれて空気の流れを感じることができる「竜巻」や月面散歩を体験できる「ムーンウォーカー」が子どもたちに人気だ。古い家電製品の展示を懐かしがっている中高年や「スケルトンカー」で自動車の仕組みを子どもに熱心に教えているお父さんもいて、子供から大人まで楽しみ方も様々だ。こうした展示装置やプラネタリウムもさることながら、「人が主役」というだけあって、どのフロアにも市民ボランティアやスタッフがいて、展示装置や科学の不思議について楽しく説明したり、気軽に参加できるワークショップで来場者といっしょになって工作や実験に取り組んだりしている(10月20日、21日は開館混雑のため実施場所を限定)。現在、市民ボランティアが登録数は100名程だが、将来的には300名体制を目指しているという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中