東京モーターショー2007 エコカーはメーカーを救うのか?

印刷

   第40回東京モーターショーが2007年10月26日から11月11日までの17日間、千葉市の幕張メッセで開催される。トヨタ日産ホンダをはじめ、国内外の自動車メーカーや部品メーカー約240社が参加し、520台の車両を展示する。主催の日本自動車工業会によると、そのうちの71台が世界初公開となるという。9月に開かれた欧州最大規模のフランクフルトモーターショーでは、低公害型ディーゼルエンジン車やハイブリッドカー、燃料電池車で環境技術を競ったが、「東京」もそれを踏襲しているようだ。トヨタや日産などはそれらに加えて、若者向けのコンセプトカーを出展し、低迷する国内の販売市場を刺激する。若者向けコンセプトカーやエコカーは、自動車メーカーを救うのだろうか。

「環境」と「若者」がキーワード

日産はユニークな電気自動車「PIVO2」などを出展する
日産はユニークな電気自動車「PIVO2」などを出展する

   華やかな「東京モーターショー」が10月26日から開幕する。出展される車両をみると、「環境」と「若者」がキーワードのようだ。

   トヨタは会社をあげて「環境」に取り組む。ハイブリッドカーの販売は言うに及ばず、たとえば生産工場への部品輸送をとっても、トラック輸送を控えて専用貨物列車「TOYOTA LONG PASS EXPRESS」を増便するなど、環境への配慮を徹底する。ある個人投資家は「トヨタのうまさというか、強さは徹底的にやること」と感心する。

   東京モーターショーでは、「レクサス」ハイブリッドを初公開するほか、炭素繊維強化プラスティックを採用した軽量カー「1/X」(エックス分の1)や、健康をテーマにした「RiN」を出展する。

   日産は車体が回転し、横にも走るというユニークな電気自動車「PIVO2」や、若者向けの4人乗り小型オープンカー「R.D/B.X」(ランドボックス)を展示。ホンダの「PUYO」はカーブを多用したシリコン素材の外装を採用し、「生き物のような質感をめざした」。同社の「CR-Z」は小型のハイブリッド・スポーツカーと、これもエコ仕様。

   マツダのコンセプトカーは「大気」。「空気の流れが目に見えるデザイン」がセールスポイント。ミニバンの「プレマシー」は水素でもガソリンでも走れるハイブリッドカーだ。三菱自動車はコンパクト電気自動車「アイミーブ スポーツ」。クリーンディーゼル・エンジン搭載の「ミツビシ コンセプト‐ZT」を世界で初めて公開する。

原油高に輸送コストの高騰 「逆風」要因ちらほら

   ところが、比較的好調だったはずの自動車業界に陰りが出てきたという。日本経済新聞がまとめた主要30業種の産業天気図の07年10-12月期予測によると、自動車は「薄日」から「曇り」にワンランク下がった。7-9月期には、「国内販売の低迷続くが、海外市場は好調」と伝えられていたが、サブプライム・ショックに伴う米国景気の減速懸念から、対米事業に不透明感が漂っていることが理由だという。

   ある自動車業界ウオッチャーは、「06年に輸出が伸びたのは、海外で小型車需要が伸びたから。海外の工場が小型車に対応していなかったため、国内から持って行った」と、事情を説明する。海外展開は欧米での伸びは鈍っていて、「成長力が見込めるのはアジアやロシア」と指摘する。

   ホンダがハイブリッド「シビック」をインドに投入。08年以降の発売になる見通しだが、「環境」への先進的な取り組みをアピールし、シェアの拡大を狙うといえば、マツダはタイに、フォードと合弁で小型乗用車の工場をつくると発表。スズキはイタリアのフィアット傘下の電装部品メーカー、マネッティ・マレリ・パワートレインと同社のインド子会社、マルチ・スズキ・インディアとの合弁で、インドにディーゼルエンジンの制御ユニット製造会社を設立するという。前出のウオチャー氏は「アジアはこれから本格的なモータリゼーションを迎える。所得が伸びていて、価格は高めだがエコカーが人気だ」という。

   現地生産・現地販売へのシフトを加速する自動車大手だが、こぞって出て行けば競争は激化する。海外向けでは海運コストが高騰して、鋼材などの輸入コストや完成車の輸出コストが上昇している。これで円高が進行すれば、為替リスクの影響も見逃せない。なにより、いくら燃費のよい日本車といえども、「原油高がこれ以上進めば逆風に抗しきれない」(大手証券のエコノミスト)と、厳しい目でみている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中