賞味期限切れ辛子めんたいこを販売

印刷

東京都は2007年10月23日、大田区の大田市場で21日に開いた市場まつりで、福岡市の「福さ屋」が賞味期限切れの辛子めんたいこ5個を販売していたと発表した。福さ屋によると、化粧箱入りの辛子めんたいこ32個を販売したが、うち5個について、本体パックに本来の賞味期限「9月3日」と記しながら、箱には誤って「10月30日」と印字したという。福さ屋では、「管理が十分でなく、申し訳ない」として回収を決めた。購入客2人から「日付が2つある」と市場に指摘があり発覚した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中