朝青龍と細木のツーショット撮影それでもTBSインタビューなかった?

印刷

   謹慎期間中の横綱・朝青龍(27)が、母国モンゴルでTBSのテレビ取材を受けたとされる問題で、日本相撲協会広報はJ-CASTニュースの取材に対し、「TBSに確認したところ、TBSの撮影クルーがモンゴルに入ったが、朝青龍へのインタビュー取材はなかった」と答えた。撮影クルーが入ったにもかかわらず、取材がなかったというのはホントなのか。

「申請書にモンゴルで取材とはなかった」

高砂部屋HPの掲示板には『マスコミの手のひら返しは常套手段』などのカキコミも出ている
高砂部屋HPの掲示板には『マスコミの手のひら返しは常套手段』などのカキコミも出ている

   今回の問題は、TBSが日本相撲協会の許可を得ず、2007年10月3日、4日に細木数子さんとテレビクルーがモンゴルに行き、朝青龍にインタビューしていた、という報道が発端。朝青龍は謹慎期間で、帰国療養中だが、行動は治療と運動のみに制限されている。

   実は、高砂親方が「うっかり」TBSの取材を認めていたことが07年10月22日にわかった。

   日本相撲協会の説明によれば、取材申請書は07年10月1日に提出された。内容は、朝青龍のドキュメンタリー番組の取材をしたい、というもので「朝青龍の帰国後、落ち着いてからスタジオ収録」という文言があった。高砂親方は、朝青龍が再来日後、謹慎処分が明けてからの取材申請と解釈し、「あっさり」許可。念押しで07年10月5日に「謹慎中のため、収録は処分が解けてから」との注意をTBSにファクスで07年10月5日に送ったが、既にモンゴルで撮影が終わっていた。高砂親方は「申請書にモンゴルで取材するとは出ていなかった」と言い訳したものの、自分の不手際については謝罪した。

となると、ホントは認められないはずの取材なのに、放送してもかまわないのか、という話になるのだが、日本相撲協会広報はJ-CASTニュースの取材に対し、

「TBSの朝青龍へのインタビュー取材はなかった」

とホッとした声で07年10月24日に話したのだ。同協会広報がTBSに確認したところ、細木さんと撮影クルーがモンゴルに入り、朝青龍に会ったのは間違いないないのだという。しかし、撮影はモンゴルの風景などを中心にしたもので、

「細木さんと朝青龍のツーショット、細木さんの朝青龍に対する激励はあったようだが、それが撮影されたかもしれないが、その映像が実際にあるかどうかはよくわからない。とにかく、インタビュー取材などは行われていない、ということだそうです」

と説明した。だが、こうした一連のことを「取材」というのが一般的だ。

「インタビューしたい、とは申し込んでいない」

   J-CASTニュースがTBSに取材すると、日本相撲協会の説明とはかなりニュアンスが違っていた。同局広報は、日本相撲協会の「インタビュー取材はなかった」ということについて、

「もともとインタビューをしたい、とは申し込んではいません。インタビュアーも同行していませんし」

だそうだ。初めから、撮影の目的は、

「後々に放送する予定のドキュメンタリーの取材」

であり、

「映像は確認していませんが、撮影隊が行っていますので、細木さんと朝青龍の会話など撮っているはずです」

と、予定どおりの結果であるとした。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中