「眞露チャミスルfresh19.5度」 眞露ジャパン

印刷
ほのかな甘みと爽やかな味 「眞露チャミスルfresh19.5度」 眞露ジャパン
ほのかな甘みと爽やかな味 「眞露チャミスルfresh19.5度」 眞露ジャパン

眞露ジャパンは2007年11月1日より、「眞露チャミスルfresh19.5度」を発売する。
同商品は、06年8月に韓国国内で発売開始以来07年8月までの1年間で、韓国人成人1人当たり年間20本の消費に相当する6億5,000万本/年(06年生産実績 大韓酒類工業会調べ)の売上げを示し、マーケットシェアも韓国No.1焼酎「眞露チャミスル20.1度」に次ぐ第2位の人気となっている。こうした韓国での実績を踏まえ日本市場でも展開することになったもの。
韓国国内で特許を取得した天然竹炭ろ過製法などでまろやかな味に仕上げたほか、アルコール分を19.5度に抑え、香辛料の効いたアジア料理や、素材の味を活かした和食にも合うという。瓶のまま冷やしラベルのガマガエルマークが青く浮き出たら飲み頃のサイン。ストレートで飲む韓国式がお勧め。360ml入りで価格は310円(税別)。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中