BPOがTV局に「自粛要請」 問題「罰ゲーム」は「めちゃ×2イケてるッ!」?

印刷

   放送倫理・番組向上機構(BPO)の「放送と青少年に関する委員会」が、バラエティー番組の「罰ゲーム」などのシーンで、出演者の心身に対する暴力・性的表現が過激化する傾向があるとして、各テレビ局に改善を求めた。行き過ぎた「罰ゲーム」の自主的な自粛を求める内容だが、実はBPOに同様の理由でお灸を据えられた過去もある。

「バラエティ番組に過激化する傾向が見受けられる」

BPOはバラエティー番組の「罰ゲーム」を問題視している
BPOはバラエティー番組の「罰ゲーム」を問題視している

   BPOの「放送と青少年に関する委員会」は2007年10月25日、バラエティ番組の「罰ゲーム」に代表される「出演者の心身に加えられる暴力・性的表現」について、青少年の人間観・価値観を形成する上で看過できないとして、各テレビ局に遺憾の意を表明するとともに今後の対応を求める見解を発表した。

   この見解では、番組名や具体的な「罰ゲーム」の内容については触れられていないが、現在放送中のバラエティ番組で、若干の改善が見られるものの、あるものに関しては時を追うごとに過激化する傾向が見受けられる、としている。また、視聴率が高いとされるバラエティー番組については、視聴者から批判的な意見が寄せられるほか、同委が設置したモニター会議のなかで、参加した中学生からも「出演者をいたぶる」暴力シーンについて、一様に不快感を示されたという。同委は、放送されている内容や表現はすべて「社会的に肯定されている」と受け止められやすいとして、

「人間を徒に弄ぶような画面が不断に彼等の日常に横行して、彼等の深層に忍び込むことで、形成途上の人間観・価値観の根底が侵食され変容する危険性もなしとしないので、これらの動きが今後とも増幅されることのないよう一考を促す」

   と指摘している。さらに、同委の要望が繰り返し無視されるようなことがあれば、「メディアの自浄作用を疑わせる結果を生む」とまで述べられており、「罰ゲーム」などについての改善を強く求める内容になっている。

フジテレビ「BPOの指摘・要望を遵守している」?

   実は、この「放送と青少年に関する委員会」は00年にも同様の理由で、フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」の「しりとり侍」コーナー、テレビ朝日「おネプ!」の「ネプ投げ」コーナーについての問題を指摘。両局はコーナーの放送を中止・終了するなどしていた。
   ちなみに、「しりとり侍」はしりとりゲームをして間違えた人が罰として野武士の集団に襲われ、メッタ打ちにされるというもので、「ネプ投げ」は女性のスカートの中が見え隠れするのを売り物にした、女性を巴投げして幸せを授けるというもの。

   BPOは「具体的な番組について述べたものではない」としているが、「めちゃ×2イケてるッ!」では、しりとりゲームで間違えた人が、相撲力士のような人に振り回されたりするシーンもあり、テレビ朝日のある番組でも、就寝中のタレントに大量の蝋をかけたり、近くで巨大な風船を割ったりするシーンもある。さらに、他局では、笑わないというルールのなかで笑った芸人が竹刀などで殴打されるなどの罰を科すというものもある。

   フジテレビ広報部はJ-CASTニュースに対し、BPOの見解について

「真摯に受け止め、今後とも番組作りに反映させていく。BPOの見解については弊社の番組審議会にも報告する」

とコメント。「めちゃ×2イケてるッ!」について00年のBPOの指摘・要望を遵守していると考えているのかという問いには「その通りです」と答えている。
   テレビ朝日広報部は、

「BPOの見解につきましては真摯に受け止め、より良い番組作りの参考にさせて頂いております」

と述べている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中