「明るさ、連続的に調節できる」住宅照明 東芝ライテック

印刷
東芝ライテック「「明るさSuitto(すい~っと)調光」
東芝ライテック「「明るさSuitto(すい~っと)調光」

東芝ライテックは、住宅用の照明器具「ルミオ」シリーズに、ネオスリムVスリムスクエア「明るさSuitto(すい~っと)調光」3機種を追加し、2007年11月1日から発売する。広めのリビングなどにも対応可能な110Wタイプで、きめ細やかな明るさの調節ができるのが特徴だ。
明るさは100%から10%まで連続的にリモコンで調光することができる。無駄な光を調節することで省エネ効果が期待できるとともに、生活シーンに応じた空間演出が可能になる。商品名も「明るさをすい~っと調光できる」という意味で名づけられた。また自動消灯する際に、残り10分になると徐々に暗くなっていく「ゆっくりおやすみタイマー」機能を搭載。照明が急に消えるのではなく少しずつ暗くなるため、就寝前に読書をしたい人などのニーズに応えたという。
今回は、FSH91370REL『スリムスクエア[ES](イーエス)』、FSH91454REL、 FSH91353Rの3機種を発売する。価格はオープン価格。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中