エリカ様、久々のテレビ露出 「仏頂面」封印で新曲アピール

印刷

   主演映画「クローズド・ノート」舞台挨拶での不機嫌な態度が騒動に発展した「エリカ様」こと沢尻エリカさん(21)が、久々にテレビの画面に登場した。沢尻さんが「ERIKA」として新シングルをリリースするのにともなったもので、これまでの「エリカ節」から一転、曲のリリースに対して笑顔で「すごい楽しみ」とコメントするなど、ご機嫌な様子だった。

演奏直後のシーンでは「バンドチーム名考えないと!」

エリカ様が久しぶりにテレビで笑顔を見せた(フジテレビより)
エリカ様が久しぶりにテレビで笑顔を見せた(フジテレビより)

   沢尻さんが登場したのは、2007年10月31日朝、フジテレビ系で放送された情報番組「めざましテレビ」。沢尻さんが「ERIKA」の名で11月28日に発売するセカンドシングル「Destination Nowhere」のプロモーションビデオ(PV)をテレビで初公開する、というものだ。

   騒動以後10月4日放送のテレビ朝日系の情報番組「スーパーモーニング」のインタビューで

「あの日の、自分のあの行動ですべてを本当にぶち壊してしまった」

などと謝罪して以来、メディアに「騒動後」の姿を見せてこなかった。10月26日には、美術関係のパーティーに出席したとされるが、報道陣はシャットアウトされたため、様子は伝わってきていなかった。

   「めざましテレビ」内での説明によると、収録が行われたのは、「およそ10日前」。「号泣インタビュー」放送の約2週間後に収録が行われたことになる。番組内のスタジオでのコメントでも、

「本当に、最も最近の沢尻エリカさんの近況を伝える姿です」

と強調されていた。

   ビデオは「旅をしながら、何かを探し求める」というコンセプトだといい、インタビューに対しては

「自分の中でも思い入れの曲なので、すごい楽しみ」

と意気込みを語っていた。演奏直後のシーンでは

「バンドチーム名考えないと!」

   と、「仏頂面」とは打ってかわって、バンドのメンバーと積極的にコミュニケーションを取ろうとしているかのような一幕も見られた。

「みんなに聞いて欲しい思い入れの曲です」

   また、9月のプライベートで米国の砂漠を訪れた経験も、ビデオには反映されているといい

「砂漠に行ったときに自分が感じた気持ちが歌詞の中にも入ってるし、PVでも、その時の気持ちを表現したかった。やっぱりみんなに聞いて欲しいし。思い入れの曲です」

などと終始笑顔でアピール。これまでの「エリカ様節」は、すっかり影を潜めた形だ。メイクも、「不機嫌挨拶」の時に比べればかなり薄めのように見える。

   なお、この「Destination Nowhere」はテレビ朝日系のドラマ「モップガール」の主題歌としても採用されているからなのか、発売前にもかかわらず、アマゾンのコメント欄にはコメントがいくつも寄せられている。「大好きな1曲」「心に響きます」などと好意的なものばかりで、評価の欄も、5つ星の満点ばかりだ。この欄を見る限りでは、期待感は相当高まっているように見える。

   一時期は「長期休養」もささやかれた沢尻さんだが、新曲で復活を果たせるか注目される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中