「胃と腸」ダブルでケアしちゃう「新三共胃腸薬 プラス」 第一三共ヘルスケア

印刷
第一三共ヘルスケア「新三共胃腸薬 プラス」
第一三共ヘルスケア「新三共胃腸薬 プラス」

第一三共ヘルスケアは、胃だけでなく腸も同時にケアする胃腸薬「新三共胃腸薬 プラス」を、2007年11月6日に発売する。新三共胃腸薬ブランドの新製品。同社の調査で、45歳以上の胃腸薬使用者の4割以上が胃腸薬と整腸薬を併用していることが分かった。こうしたニーズをふまえ、胃に加え整腸にも効く併用薬を販売することにした。
「新三共胃腸薬 プラス」は、脂肪やタンパク質を分解する成分に加え、胃の働きを高める6つの生薬成分を配合し、胃もたれや消化不良を改善する。また生きたまま腸まで届く植物性乳酸菌「ラクボン」を配合することで、腸内環境を改善し、腸の状態を正常な状態に近づける"整腸作用"もプラスした。
細粒剤と錠剤の2種類を用意。価格は両製品とも、12包が945円、30包が1,890円、52袋が2,835円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中