細木数子「TBSがついてきただけ」 朝青龍「無断」取材を週刊誌で否定

印刷

   TBSが日本相撲協会に無断でモンゴルにいる朝青龍に「極秘」インタビューしていた。いや、インタビューは実は無かった――。いろいろ、憶測が飛んでいるTBSの朝青龍取材問題で、占い師の細木数子さんが週刊誌のインタビューに応じていた。「朝青龍の陣中見舞いに行ったときに、TBSのスタッフを誘ったらついてきてくれた」などと語り、「私的な訪問」という面を強調した。

シシカバブーなど朝青龍の手料理が振舞われた

細木さん「TBSはついてきただけ」と主張
細木さん「TBSはついてきただけ」と主張

   今回の問題は、細木数子さんとTBSの番組「ズバリ言うわよ!」のテレビクルーが2007年10月3日、4日にモンゴルに行き、日本相撲協会の許可を得ず、「極秘」で朝青龍にインタビューしていた、という報道が発端。朝青龍の取材申請があったのは07年10月1日。そして、07年10月22日、日本相撲協会の広報部長の高砂親方が「うっかり」TBSの取材を認めていたことがわかった。ただし、 取材申請書には「朝青龍の帰国後、落ち着いてからスタジオ収録」と書かれていて、高砂親方は朝青龍の謹慎が解けた後だと勘違い。「申請書にモンゴルで取材するとは出ていなかった」ということもあって、確認のために07年10月5日に「謹慎中のため、収録は処分が解けてから」との注意をTBSにファクスで送った。しかし、モンゴルでの撮影はすでに終わっていた、というもの。

   「女性セブン」07年11月15日号には、このTBSの朝青龍取材に関する細木さんのインタビューが」掲載されている。それによると細木さんは、TBSの番組のためにモンゴルに行ったのではない、と「取材」を否定。

「友人として陣中見舞いに行ったのであって、私だけだと心もとないのでTBSのスタッフを誘ったらついてきてくれたんだよ」

   と語った。モンゴル行きのきっかけは、朝青龍に電話したときに、朝青龍が、

「ぜひ来てください。先生に会いたい」

   と言われたことでなんとかして行こう、ということになった。細木さんたちが温泉保養施設に到着すると朝青龍が警護人といっしょに出迎え、二人は抱擁。滞在時間は7時間ほどだったが、朝青龍の両親がいるゲル(モンゴルの伝統的な移動式住居)に案内され、シシカバブーなど朝青龍の手料理が振舞われたのだという。

親方、理事長、日本の国民に謝りたい

   そして、

「親方、理事長、日本の国民に謝りたい。相撲道に励み、正月場所から土俵に上がりたい」

   と話したのだそうだ。

   同誌のインタビューでは、朝青龍への「インタビュー取材」が行われたのか、については触れていない。つまり細木さんの「私的な訪問」ということを強調することによって、今回の「事件」の幕引きをしたい、という考えなのだろう。ただし、TBS広報は以前J-CASTニュースの取材に対し、撮影クルーが細木さんに同行したのは、

「後々に放送する予定のドキュメンタリーの取材」

   であり、

「撮影隊が行っていますので、細木さんと朝青龍の会話など撮っているはずです」

   と、話しているため、年明けとされている放送で朝青龍に対しどのような取材が行われたのかが明らかになりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中