中日優勝も「オレ流」のKY継投 「これが野球か」と批判相次ぐ

印刷

   53年ぶりにプロ野球日本一に輝いた中日ドラゴンズだが、優勝を決めた試合での"あの継投"が物議を呼んでいる。スポーツライターの玉木正之氏は中日新聞へのコメント掲載を急きょ断ると宣言。楽天イーグルス野村克也監督もテレビ番組で「監督が10人いたら10人とも替えない」とまで述べている。日本一になればそれでいいという考え方もできようが、「これが野球か!?」という批判は止まりそうもないのだ・・・

   ナゴヤドームで2007年11月1日に行われたプロ野球の日本シリーズ第5戦、中日が1対0で日本ハムを下し、通算4勝1敗で53年ぶり二度目の日本一に輝いた。しかし、この試合の9回、驚くべき光景が待っていた。中日は先発の山井大介が8回までノーヒットの快投を見せていたが、9回にはクローザー岩瀬仁紀を投入。球史に残る日本シリーズの「完全試合」が消滅した瞬間だった。

「10人の監督がいても10人とも替えない」

玉木氏は「スポーツに対する冒涜」とまで「オレ流」采配を批判していた
玉木氏は「スポーツに対する冒涜」とまで「オレ流」采配を批判していた

   その夜のワイドショーでは優勝を祝福するムードはあるのだが、9回の投手交代に疑問を投げかけるコメントが相次いだ。

   テレビ朝日系「報道ステーション」では、野村克也・楽天監督がインタビューに答え、「自分なら替えない」と述べている。

「完全試合できてるピッチャーを9回(笑)んー、ピッチャー替えるっていうのは落合監督だけでしょう」「10人の監督がいて、10人とも替えないでしょう。その辺が落合(博満)監督らしいといえばそれまでなんでしょうけど」

   日本テレビ系「ニュースZERO」に出演した星野仙一日本代表監督も、

「落合監督はピッチャーの経験ないからあういう行動に出たのか、1点差だったから岩瀬に任せると決めておったのか、どちらにしても勇気がいる」

と述べた上で、自分が監督だったら「(山井に)投げさせていた」と漏らしている。

   スポーツライターの玉木正之氏は中日の優勝を受けてホームページを更新。「アッタマに来た。これが野球か!?野球の醍醐味はどこへ消えた!?ナンデ完全試合の山井を変えるねん」と落合監督を激しく批判。交代劇を「スポーツに対する冒涜」とまで指摘し、

「午前中に中日新聞に優勝予定稿のコメントを電話で送っていたが急遽電話して削除してもらう。100年に1度あるかないかの凄い興奮の瞬間よりも53年ぶりの優勝を確実にしたかったというならナント小心な夢のない野球か!本当に気分が悪い」

と綴っている。

   ネット上でも賛否両論で盛り上がりを見せた。巨大掲示板「2ちゃんねる」では、11月2日午後の時点で15本以上のスレッドが立てられ、"あの継投"をめぐって激しい議論が交わされている。それは、次のような具合だ。

「中日ファンから野球を愛する中日ファンが去り、中日だけが勝てばなんでもいいというようなファンが残った」
「選手はロマンで野球やっちゃいないんだよ」
「代えないことの方が簡単なのに代えた落合の真意を読み取るべき」

「デッカイ豆」で「痛い豆」ならシャーナイな

   9回に山井を交代させて、岩瀬を投入したことについて、落合監督はテレビ番組に出演した際に、「山井にマメができていた。それがなければ迷っていただろう」と述べたほか、記者会見の場面でも、山井の方に交代の意志があったことを明かしている。

   落合監督の言い分を受けて玉木氏は、HPで「『日本シリーズ完全試合』を断念せんとアカンような『デッカイ豆』で『痛い豆』ならシャーナイわな」と述べ始め、理解を示そうとしたが、その後またまたHPで、「気分がむしゃくしゃして眠れへんので書く」として、「勝利と敗北だけが全てならそのスポーツは卑小な存在に留まるだろう」「『金儲けをしてどこが悪いんですか』と嘯いた守銭奴の言葉が思い出されてならない」と持論を展開。

「仕方なかったのだ。投げられないほどの『豆』だったのだ。それを事実と信じないと来年から野球を楽しめなくなる・・・」

と、意味深な発言をしている。

   ちなみに、山井投手交代の采配について、サンケイスポーツのアンケートでは、「当然」と答えた人が46.0%、「納得できない」とした人は39.3%。ニッカンスポーツのアンケートでは、「勝つためには仕方がない采配だ」が50.2%、「山井1人の完全試合が見たかった」が49.8%だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中