「高級トマトの苗」家庭向けに販売 サントリーフラワーズ

印刷
野菜苗シリーズ「本気野菜」第1弾はプレミアムトマト
野菜苗シリーズ「本気野菜」第1弾はプレミアムトマト

サントリーフラワーズは、団塊の世代を中心に高まる家庭菜園の需要をふまえ、野菜苗シリーズ「サントリー 本気野菜」を展開し野菜苗事業に参入する。第1弾として08年4月よりプレミアムトマト5品種「ルビーノ」「ロッソロッソ」「バンビ」「ルンゴ」「ズッカ」を発売する。
団塊の世代を中心に自然派志向や健康意識が高まり自宅の庭やベランダで野菜を育てる家庭菜園が注目されている。新たに展開する「本気野菜」シリーズは、「食べてみたい、を育てよう!」をキャッチコピーに時間をかけて自分自身で作る家庭菜園ならではの収穫の楽しさ、味わいの豊かさを提供する。
第1弾として提供するプレミアムトマト苗5品種は、欧州の3ツ星レストランでも使われる高品質市場向けに開発されたもので、日本で販売するのは初めてとなる。
家庭菜園の講師としてテレビやラジオでおなじみの藤田智氏を技術監修に、料理研究家の枝元なほみ氏をレシピ監修・アドバイザーとして起用し、「お客様センター」とともに顧客を総合的にサポートしていく。希望小売価格は399円。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中