「Web2.0」のオライリーと「ブログ」のウィリアムスとの夢の対談が決定 Web2.0 EXPO Tokyo

印刷

   東京・渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルで2007年11月15、16日に開かれるイベント「Web2.0 EXPO Tokyo 2007」(オライリー・ジャパン、CMPテクノロジージャパン主催)で、Web2.0の提唱者ティム・オライリー氏(オライリーメディアCEO)とブログの開発者エヴァン・ウィリアムス氏(トゥイッター創業者)が、2日目の基調講演で対談することになった。当日は、午前10時から講演が始まる。

Web2.0 EXPO Tokyoの開催を告知するウェブサイト
Web2.0 EXPO Tokyoの開催を告知するウェブサイト

   オライリー氏は、Web2.0の考えを広めるため、フリーソフトウェアとオープンソース運動を支援する活動をしている。来日は、10年ぶり。ウィリアムス氏は、ブログ創成期のサービス「Blogger」を開発したことで有名だ。サービスは、その後グーグルに売却されている。

   Web2.0 EXPO Tokyoは、双方向コミュニケーションをうたった革命的な概念「Web2.0」を活用したビジネスを考えることを目的に行われる。基調講演のほか、各種セッションや展示会、パーティーが予定されている。主催者では、11月8日まで事前登録を受け付けている。事前登録は、ウェブサイト(http://www.cmptech.jp/web2expo/)からできる。問い合わせは、Web2.0 EXPO Tokyo 2007 登録事務局(電話03-5785-0635)へ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中