JAXAと共同開発の「宇宙食カレー」 ハウス食品

印刷
ハウス食品が発売した宇宙日本食レトルトカレー「SPACE CURRY(スペースカレー)」<ビーフ>
ハウス食品が発売した宇宙日本食レトルトカレー「SPACE CURRY(スペースカレー)」<ビーフ>

   ハウス食品は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で日本人宇宙飛行士用に特別に開発した宇宙日本食レトルトカレー「SPACE CURRY(スペースカレー)」<ビーフ>を2007年11月5日から同社のネット通販サイト「SHOPハウス」で発売した。このレトルトカレーはJAXAに宇宙日本食として07年6月に正式認定されたもので、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する日本人宇宙飛行士の栄養維持、精神的ストレスの低減、パフォーマンスの向上などを目的に開発されたという。通常のレトルトカレーに比べてウコンやカルシウムを多く含み、スパイシーで味を濃くした。内容量200gで価格は500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中