田原総一朗氏に北高官明言 拉致被害者「8人以外に生存」

印刷

   ジャーナリストの田原総一朗氏が訪朝し、北朝鮮政府高官から「拉致被害者の中には、生きている人もいる」と知らされていた。田原氏が早稲田大学での講演でこう明らかにした。ただ、北朝鮮が従来「死亡している」と主張している8人については立場を変えておらず、「8人以外に生存者がいる」ということのようだ。だが、専門家からは、「(『拉致日本人はもういない』という)金正日総書記の発言と矛盾する」との指摘もある。

宋大使ら政府高官と面会

シンポジウムが行われた早稲田大学・大隈講堂
シンポジウムが行われた早稲田大学・大隈講堂

   田原氏は2007年10月30日から11月3日にかけて、テレビ朝日系の情報番組「サンデー・プロジェクト」の取材を兼ねて訪朝。訪問中には、宋日昊(ソン・イルホ)日朝国交正常化交渉担当大使や、楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)最高人民会議常任副委員長ら政府高官と面会した。特に、宋大使とのインタビューは、約2時間に及んだという。

   この訪朝の様子が、11月5日に早稲田大学の大隈講堂で開かれたシンポジウムで明らかになった。「21世紀を担うリーダーとは」題して、早大125周年事業の一環として開かれたもので、田原氏以外の登壇者は、岸井成格・毎日新聞特別編集委員、山崎拓・衆院議員など。聴衆のほとんどが学内者で、特に身分証明書のチェックや荷物検査は行われなかったという。録音・録画は禁じられていた。

   2時間のシンポジウムのうち、北朝鮮問題は約20分~25分にわたって取り上げられた。田原氏が、

「実は、一昨日(10月3日)の夜遅く平壌から帰ってきた」

と訪朝の話題を切り出し、

「今北朝鮮は自信に満ちている。BDA(バンコ・デルタ・アジア、米国からマネーロンダリングの窓口だと認定されたマカオの銀行)の凍結解除や日本以外の4カ国からの重油支援が決まったから。このままだと、日本は6ヶ国協議でつまはじきにされるおそれがある」

と6ヶ国協議の行方について問題提起。それに対して、山崎氏が

「核は危ない。非核化が最優先。他の国は非核化の見返りを供与し始めている。拉致問題は分離して考えるべきだ」

と、従来通り「核と拉致は分離すべき」との主張を展開した。

   そして、田原氏が訪朝時の政府高官とのやり取りを披露した。北朝鮮側が田原氏に対して「拉致被害者で生存している人はいる」と明言した、というのだ。しかし、この発言をしたのが具体的に誰かは、シンポジウムを聴いていた関係者に取材した限りでは、はっきりしない。この直後に田原氏は「今日は内輪の集まりと言うことで話しますが…」「テレビでは話さないこと」などとも発言していた。

横田めぐみさんは入っていない?

   会場の一部からはどよめきの声もあがり、岸井氏が

「その(生存者の)中に拉致問題のシンボリックな人は入っているのか?」

と、横田めぐみさんを念頭に置いたと見られる質問をすると、田原氏は

「残念ながら入っていない。以前の調査時には8人について調査を行ったが他の人は未調査。8人は死んでいるが、それ以外で生きている人はいる」

と、北朝鮮側が「8人は死亡」との従来の見解を繰り返していることを明らかにした。さらに、

「横田めぐみさんの遺骨鑑定はやり直すべきだ。遺骨DNA鑑定を行った帝京大学の講師は、英Nature誌で『(鑑定結果について)自信はない』と述べている。米国が火葬骨DNA鑑定技術を開発したので米国に依頼してはどうか」

などと持論を述べた。

   田原氏と北朝鮮政府高官とのやり取りが仮に事実だとすれば、今後の拉致問題の先行きに大きな影響を与えるものとみられるが、専門家からは懐疑的な声も上がる。コリア・レポートの辺真一編集長は、J-CASTニュースに対して、

「まず、『誰の発言か』が非常に大事。仮に宋大使の発言ということであれば、(拉致被害者の中に生存者がいるという)期待が持てるかもしれない」

と話す。ただし、

「『8人はダメでも、他の可能性がある』という話は、これまでもささやかれていたし、わざわざ平壌まで行かなくても、東京にいる素人でも推測はできること」

と、基本的には「田原情報」には否定的な見解だ。さらにその根拠として、07年10月の南北首脳会談の席で、金正日総書記が「拉致日本人はもういない」と述べ、拉致問題は解決済みとの認識を示した、と伝えられていることを挙げる。

「金正日総書記の発言と矛盾する話で、北朝鮮の高官が、そんなことを言うはずがありません。(発言内容は)田原さんの主観が入っているのではないですか」

   もっとも田原氏はシンポジウムの中で、この金正日発言については否定的な見解を示している。

   さらに、「北朝鮮ではジャーナリストは信用されていない」として、

「(日本の)外務省にならともかく、北朝鮮高官が、日本のジャーナリストに、そんな大事なことを言うはずがありません。田原さん一流の誇張でしょう」

   J-CASTニュースでは田原事務所に対して、「生存説」の発言をした北朝鮮高官は誰か、などについてコメントを求めたが、

「時間が取れないので、今回はコメントできない」

との返答だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中